2020年 POG反省会

競馬予想ブログ JUST

2020年 POG反省会

読了までの目安時間:約 3分

 

いかにデビュー前から素晴らしかったのかを語り合えるのが、こういう反省の機会の醍醐味であるはずなのだが、考えてみると、ほぼ全てのクラシック本戦か2、3歳GⅠに関わる重要戦のほとんどが、あまりにもハイレベルであり、同時に、中心視され、一度でもGⅠを勝ち切った馬の才能発揮があまりに劇的な変化によるものが大きいかが、コントレイルのある意味での変態で明確化されたように、1年前の特集を見返してみて、思ったのである。

 

恐ろしく簡単に二冠を達成し、3歳馬としては初めて、2歳GⅠから3連続GⅠ勝利でダービーやオークスを制したコントレイルは、皐月賞辺りから湧いて出たように語られるようになった「実は半年ばかり乗り込まれていないんですよ」という証拠を示すが如く、大山ヒルズの期待馬に隠れ、まるでよく頑張ってGⅢ勝ちくらいかという程度の垢抜けない体だった。

 

4月1日生まれで、ダービー比+25kgなのだから、当たり前の話だ。

母は仔出しがよく…。皮肉なことに、一族の傑作にも等しいバックパサーやカーリアンなど、名競走馬にして名種牡馬よりも、負ける理由がほとんどなかった父ディープインパクトよりも、現状で見劣る面はない。

 

ヴェルトライゼンデやサトノフラッグが立派に魅せながら、それぞれの成長曲線が違うから体重変動の差はあっても、実に血統馬らしい佇まいだったのが、まるでアテにならない。

牝馬は生産牧場だとか、血統の組み合わせもあるから、注目の対象ではないのは仕方ないとして、ホウオウピースフルでも一回り成長して、体形から顔つきまで変わり身を見せている。

 

知らなかったのだから仕方がないが、写真すらないサリオスがデビュー1年で、どれだけ勝手に変貌していったのか、想像するだけでも楽しくなってくる。

軽く追っただけで、格好のいい青年にまで成長を遂げたサリオスを置き去りにしてしまった、どう見てもマイラーのコントレイルが、ファンの前に現れた9月の新馬戦から、いかにその印象を変化させたのか。

アーモンドアイやドゥラメンテにない面白さが、ここまで顕在化したクラシックも記憶にない。

3歳世代全ての才能に、有難うと労いたいものだ。

↓【注目】オーバルスプリントの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方