競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダートと長距離の血 – JRAダートGⅠを両方勝った馬にはステイヤーの血が入っている

読了までの目安時間:約 2分

 

中央のダートGⅠを両方勝った馬は5頭。双方で連対したことのある馬は、これに3頭加わり計8頭いる。
うち、シーキングザダイヤ以外の7頭の共通項として、父か母父が芝の2400M以上のGⅠを自身若しくは産駒が勝っている。例外はどこにいってもGⅠを勝てなかった馬。

旧JCダート時代の勝ち馬は、クロフネ・カネヒキリ以外皆このステイヤーの血が入っている。
例外の2頭は、前者が砂不敗で後者が3着を外したのがドバイWCと2年半ぶりの実戦で前が詰まって何もできなかった武蔵野Sだけという最強クラスの馬。

フェブラリーSは、馬場改修を挟んで微妙に変化した。
03年中山1800戦を勝ったゴールドアリュール以降の勝者は、前記のカネヒキリや昨年覇者コパノリッキーなど例外は多いが、以前6年で3頭から以後11年間で7頭が該当に増加。
同じ競馬場の安田記念が、改修後の共通する期間で同一の傾向を示している点からも、単なるスピード型では太刀打ちできなくなった。

ただ、逆に菊花賞の傾向も変化をしている。
セイウンスカイが98年に革命的なレコード更新を達成以降、レースレコードが発生するたび、
06年ソングオブウインド・父エルコンドルパサー<主な産駒・ヴァーミリアン>
14年トーホウジャッカル・父スペシャルウィーク<帝王賞馬・ゴルトブリッツ>
という、ダート向きの傾向も示す種牡馬の産駒が勝っているのだ。

事の真相は、芝中距離の充実とその枠から漏れた種牡馬の再就職場所を端的に示した結果だということ。
悲しくもあり、生存競争の在るべき姿でもある。

 

コラム

競馬学<大レコードの本質>

読了までの目安時間:約 2分

 

僅か0.2秒の差で、まるで別次元の展開になるのが競馬の奥深さだ。中山の2000Mでは、つい先日歴史的レコードタイムが刻まれた。
A:15・中山金杯<革命> 1着ラブリーデイ
<59.4-(58.4)=1:57.8>
異常なラップのない力勝負<古馬重賞的>

B:14・皐月賞<極限値の再確認> 1着ロゴタイプ
<(58.0)-60.0=1:58.0>
典型的なレコードラップ<GⅠ的>

類例に古馬の主要2000重賞のレコードも併記しておく。
天皇賞(秋)
11・トーセンジョーダン(56.5)-59.6(現日本R)B
参カンパニー59.8-(57.4)<勝ち馬の上がり:32.9>(コースタイR)
11年産経大阪杯
ヒルノダムール59.3-(58.5)A
Aは馬場状態の影響が大きく、Bは総合力が求められる。

直線平坦だと、
13・秋華賞・ショウナンパンドラ(58.0)-59.0
08・札幌記念・タスカータソルテ(58.4)-60.2
旧中京では、
04・金鯱賞・タップダンスシチー(58.2)-59.3
その他もパターンは一定。全てB。

中山2000で2分を切るようになってから、今回初めて完全な後傾ラップによるレコード決着になった。長距離戦と似た傾向で、上がりの脚が極限値の場合が多い。ラブリーデイは34.2秒。超スローでも速いくらいの脚だから、このタイムを破るのは困難かもしれない。2着だったロゴタイプの皐月賞でのラップが前傾ラップレコードの限界であることを前提とした論理だが、少なくとも金杯でのレコード更新に関しては、空前絶後の大記録である。
コース形態からも、記録更新にはテンからラップを削るしかない。

 

コラム

名種牡馬の血筋 – サイヤーズファミリーの本質

読了までの目安時間:約 2分

 

秋のGⅠ7勝で、再度その価値を高めることとなった種牡馬・ディープインパクト。

ドイツでの熟成期間を経たハイクレア系は、ウインクリューガーや半姉のレディブロンドが、兄弟とともに代表産駒に数えられる。

底流には、別流でラウンドテーブルなどもおり、活躍馬を多く出す良質の種牡馬が多い。

ティルナノーグは、大まかな意味では同族配合ということになる。ただ、一族であることが、即活躍の基準になるとは限らない。

姪にあたるロカの出遅れ自滅に、単純ならざる血の宿命を見た気もする。あれは、恐らく一族に眠る狂気の一端だったのではないだろうか。

ハマるとディープのような馬が出て来る。これがサイヤーズファミリーの本質なのだ。

ロイヤルサッシュ系が秋口のスピード競馬で台頭。サッカーボーイを中心に、ファイントップ系の継承者・ディクタスの血を受けた子孫が、平成の競馬を盛り立て続けている。

今はその血を、ステイゴールドが大量生産体制で鋭意拡散中。個性派が続々登場している。

配合パターンを問わず大種牡馬同士の配合から互いのいいところを得たハーツクライは、根源的なバックボーンでは前記2頭に劣るが、母父トニービンがハイぺリオンのクロスを持っていることもあり、その血をかき集めるとよく走る。

晩春のGⅠを盛り上げた産駒がまさにそれ。

これらサンデー系の要素をちょっとずつ持ち合わせているのがキングカメハメハ。

ダートも配合次第ではチャンピオン級を出すし、有馬記念2着馬も送り込んだ。

芝GⅠでは、そのほとんどが限定戦であるとか、時計が両極端な時に台頭するので、軽い競馬向きのディープと共通点は多い。

 

コラム