競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

名種牡馬の血筋

読了までの目安時間:約 2分

 

秋のGⅠ7勝で、再度その価値を高めることとなった種牡馬・ディープインパクト。

ドイツでの熟成期間を経たハイクレア系は、ウインクリューガーや半姉のレディブロンドが、兄弟とともに代表産駒に数えられる。

底流には、別流でラウンドテーブルなどもおり、活躍馬を多く出す良質の種牡馬が多い。

ティルナノーグは、大まかな意味では同族配合ということになる。ただ、一族であることが、即活躍の基準になるとは限らない。

姪にあたるロカの出遅れ自滅に、単純ならざる血の宿命を見た気もする。あれは、恐らく一族に眠る狂気の一端だったのではないだろうか。

ハマるとディープのような馬が出て来る。これがサイヤーズファミリーの本質なのだ。

ロイヤルサッシュ系が秋口のスピード競馬で台頭。サッカーボーイを中心に、ファイントップ系の継承者・ディクタスの血を受けた子孫が、平成の競馬を盛り立て続けている。

今はその血を、ステイゴールドが大量生産体制で鋭意拡散中。個性派が続々登場している。

配合パターンを問わず大種牡馬同士の配合から互いのいいところを得たハーツクライは、根源的なバックボーンでは前記2頭に劣るが、母父トニービンがハイぺリオンのクロスを持っていることもあり、その血をかき集めるとよく走る。

晩春のGⅠを盛り上げた産駒がまさにそれ。

これらサンデー系の要素をちょっとずつ持ち合わせているのがキングカメハメハ。

ダートも配合次第ではチャンピオン級を出すし、有馬記念2着馬も送り込んだ。

芝GⅠでは、そのほとんどが限定戦であるとか、時計が両極端な時に台頭するので、軽い競馬向きのディープと共通点は多い。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方