競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

行く末の明暗

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっと、中山、京都の1回開催を振り返ると、殊重賞戦線に関しては、中身の濃いレースが多かったような気がする。

東西金杯は1番人気馬が力を見せ、相手には実績だけなら勝ち馬にも引けを取らないGⅠ馬だとか、勝者に導かれるようにして距離を短縮することで力を発揮した同期の馬を引き連れて、単純ではない面白みのあるハンディ戦らしさを演出してくれた。

4歳馬は強く、以降もミッキーロケット、グレンツェントが人気に推されながらもきっちり接戦をモノにして、人気過剰にも思えたアメリカJCCのゼーヴィント、ミライヘノツバサにしても、超ハイレベルの展開を自ら動いていく形で勝ちに出る競馬で、初体験の厳しい競馬ながらも2、3着と健闘した。

キタサンブラックやミッキークイーンのいる5歳勢も、相変わらず高水準のステークスウイナーが数多く輩出している。
世代のトップホースと大舞台で肉薄した経験のあるタンタアレグリアやマキシマムドパリが、早くもこの時季から始動し、あまり絶好調ではないようにも思えたのだが、初重賞制覇を連続して果たした。

問題は3歳馬。
シンザン記念もフェアリーSも、雨が降っていたといえ、ちょっと荒れすぎ。
ペルシアンナイトやアエロリットに実力がないというよりは、上と下でかなりの能力差がある世代だという印象だ。

年末のサトノ・藤沢祭りで主役を演じた面々は、期待通りに秋になった頃から実力を発揮出来る状態になっていった。
準備がしっかりと出来ているから、目標かどうかはともかく、流れさえ向いてくれれば、結果は自ずとついてくるという状況であったことは間違いない。

ただ、明けのオープン特別は軒並み波乱となる落ち着かない流れ。
そんな中で唯一人気に応えられたオープン戦の勝ち馬が、京成杯優勝のコマノインパルス。
が、この馬も今後の扱いに手こずりそうな気がしてならない。

豪快に外から伸びてこられたのは田辺騎手の自在の騎乗が容易に可能な状態であったことと、あまり内側の馬場状態がよくなかったこともある。
アルアインとキョウヘイがシンザン記念の前後で評価一変となったこともあり、牡馬路線は特に、レース後の評価が今後増えると見込まれる。

 

コラム

新馬2017<1/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場とも冬晴れの過ごしやすい陽気だった土曜競馬は、開催替わりの東京と1回最終週の中京でダートの新馬戦が行われ、先行した人気馬同士の堅い決着となった。

中京1400逃げ切りのイイデファイナルは、サウスヴィグラス産駒らしいいいスピードを見せた。
東京1600もワイルドカードが力で押し切った内容。こちらはストリートセンスなので、イイデと同じ大型馬でも、多少は距離に融通の利く器用さがあるだろう。
単調なタイプではないことは、アンブライドルズソング×クラフティプロスペクターというミスプロ3連チャンの芝対応可の血統が配合されている点でも、十分に証明できる。こういう馬は、ペースによってパフォーマンスに差が出ることがあるので、そこは気を付けたい。

京都では芝のマイル戦が行われ、豪州産の2kgもらい・フィアーノロマーノが快勝した。
欧州的なデインヒル×その他ノーザンダンサー系の継続クロスという典型の配合でも、アメリカンな母系がスピードを補給しているといった印象の新馬戦の内容で、時計勝負にも対応可能かもしれない。期待できる。

雲が多かった日曜日は、東京1400、京都1200のダートの新馬戦が行われて、また人気馬が強い走りを見せた。
人気の牝馬がワンツーを決めた東京は、好位抜け出しのオーサムクイーンが快勝。デピュティミニスターの3×3という特異なクロスの掛かった馬で、この距離で器用に立ち回れたのから、もしかすると超短距離型なのかもしれない。
京都も牝馬ばかりのレースを、断然人気のテンモースが逃げ切った。スペイツタウン産駒でミスプロの同系配合馬。
中型馬である上に、上がりも1位。マイル前後で差す競馬が合いそうだ。

地味に大物を多く出すこの時期の東京芝1800戦から、期待の良血馬・インシュラーが勝ち上がり、ちょっと期待できそうだ。
叔母ダイヤモンドビコーのマンハッタン牡駒が、ほぼ平均ペースの新馬戦で、重厚なノーザンダンサーの馬<シングンマイケル>を競り落とした点は、かなり評価できる。
馬格があるタイプではないから、二番は利かないかもしれないが、気になる存在には違いない。

 

レース回顧

降級廃止問題

読了までの目安時間:約 2分

 

今週になり、久々に降級制度撤廃に向けた情報が表に出てきた。
JRAは予てより、勝負の根本を重視した条件戦の勝ち抜け制を原則とした事実上の降級制度廃止を検討しており、日本調教師会、日本馬主協会連合会等の関係団体との協議を進めてきた。
来年のダービーの翌週から、新制度を採用する予定だ。

よく言われる6、7月の高額条件戦の質の低下を防ぐ目的は、同時に、4歳馬の再浮上のチャンスでもあるわけで、それがないことにより、3歳馬が戦いやすくなるメリットはあるものの、結局は、力がなければいずれ頭打ちになるわけで、それはオープンに上がると尚更であって…。

ただ、1000万条件以上の番組を増やしたいという主催者側の意図を、単なる金儲けの狡猾なやり口と捉えるか、結局無意味ではないか、などと批判材料の選択に止まってはならない。
個人的な意見ではあるが、オープンクラスを二層構造にするといった、実質的なひと階層の追加挿入が、重賞戦が絶対的に減少するGⅠシーズン終了直後の時期には、一定の効果をもたらすように感じている。

一応、ハンディキャップレースも競走馬ランキングというものもあるにはあるのだが、実際の登録→抽選→出走の過程に、有効なファクターとなっていない状況にある。
ここはやはり、勝つメリット、デメリットの両面にアタリの易しい施策を講ずるべきである。
筋違いの方策ではないことが、争点の複雑化を招くようなややこしい問題でない以上、毎週どこかに3歳以上オープンのレースを組むなど、単純な解決方法を提示すれば、もうそれで大方合意なのだ。

よって、あまりにも極端な否定派が浮いてしまうような、静かな議論が望ましい。

 

ニュース

2017年 クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっと、1月注目レースの短評から。
シンザン記念
約20年ぶりの重馬場。参考になる点は、やや厳しい流れでキョウヘイが強烈な決め手を発揮した以外、人気上位勢がしっかりと上位入線しているという事実だろう。
それぞれ成長が必要。3月には格が見えるはずだ。
フェアリーS
ライジングリーズンの決め手が素晴らしいというよりは、他の馬のパワーがちょっと足らず、人気のアエロリットはまたしてもの強い2着だったということで、上位2頭はひとまず水準レベル程度とみる。
どちらも時計勝負は合わないか。
京成杯
東スポ杯と違い、基準馬の選定にはもってこいのレイデオロの背後を追いかけて合戦となり、人気最上位のコマノインパルスが豪快な競馬でステークスウイナーの仲間入りを果たした。
ただ、シュリリー系の馬でスピード能力で勝負できるタイプは最初は好位抜け出し型が多いので、基準馬に落ち着くのではと思われる。

ジュニアC
紅梅S
若駒S

京都の1勝、オープンクラスが基本的にまともに決まっていないので、評価のしようがない部分がある。
ナイトバナレットがゴール前グイグイ伸びてきたジュニアCは前崩れで、そもそも外差し馬場。混戦ムードの紅梅Sもアロンザモナが強かったというよりも…。
ヴァナヘイム・無念の欠場の若駒Sは、紫菊賞勝ちのアダムバローズが連闘の身で勝利し、本番出走当確を決めた。
大物ではないだろうが…。

注目は寒竹賞爆勝ホウオウパフュームか。
レイデオロ級の末脚で、後に大一番を制するシーザリオ、サンテミリオンらに続く牝馬による優勝を果たした。
ハーツ×キングマンボなので、桜花賞を目指すよりは無難に東京2400Mの2択だろう。
若竹賞楽勝のウインブライトも、中山ではうるさいか。
ダート1400連勝中のアディラートは、明らかに適距離はもっと長いところのはずだから、春の1800戦などで崩れても、軽視は禁物。いずれ、チャンピオン路線に顔を出すだろう逸材だ。
新馬勝ちの組からは、関東牝馬の2頭、ルヴォワール、チリーシルバーを挙げておく。

1回京都最終日の芝1800圧勝の牝馬・ファンディーナは、母系に単調さがあるから、推挙するのは少し怖い。

 

コラム

新馬2017<1/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

しばらくぶりにまともな天候の下行われた土曜競馬は、中山と京都の4R、6Rにダートの新馬戦が組まれ、滞りなく施行された。
4Rはともに逃げ切りの決着。
中山1800で人気に応えたバトルプラン産駒のサイドチェンジは、ポツポツオープンクラスを出すタイキミステリーの一族。楽勝だったから、3勝は堅いところか。
京1400<牝・重>で勝ち上がったビップキャッツアイも、近親にマチカネニホンバレがいるシンボリクリスエス産駒で、力通りと映った。

一方、6Rは少々混戦になってしまった印象で、レベルも疑問という内容に。
好位組の叩き合いを制した中山1200のシャムロックは、かなり重厚な牝系にダイワメジャーを配されて、それでもなお速くない馬になってしまった感じで、もし成功するなら、芝の中距離のように思う。
京都は1800戦も重馬場。ペースが普通の割に、後方の押し上げもあって、人気馬総崩れ。松田騎手が絶妙のタイミングで仕掛けたホーリーブレイズに軍配は上がったが、フリオーソ×スキャンというのは評価が難しい。
それっぽい競馬であったとした方がいい。晩成型だろう。

日曜日は芝3戦。
中京、中山ではマイルの新馬戦が行われ、スリーランディア、セイウンキラビヤカと牝馬が勝利。京都1800も人気のディープ牝駒・ファンディーナが逃げ切り圧勝と、クラシック最終便に間に合わせたい組が続々登場した。
マイルで勝った2頭はそれぞれ、ストリートセンス、リーチザクラウンの産駒で、前に行って味がありそうなタイプ。逃げ切りと好位抜け出しというのは、いかにもの印象がある。

しかし、本質的に先行したいのは、もしかすると、母がピヴォタル×エーピーインディという配合のファディーナかもしれない。
結構マッチョタイプで、無駄肉が多いから体重が重いというパドック気配ではなかったから、岩田騎手の先行して押し切ろうとした判断は大いに支持したい。
よって、スローに落としすぎたり、下手に下げて末脚勝負に持ち込むような策は、距離短縮以外では通用しないだろう。
一戦ごとに、当たり外れがあるタイプのように思う。

 

レース回顧

対藤沢軍団対策

読了までの目安時間:約 3分

 

菅原泰夫単独公演開催決定となった75年共同通信杯を経た後のクラシックよりも早い段階で、対藤沢和雄厩舎という構図が出来上がっている。

特に、ソウルスターリングを敵に回して戦うというのは、今のところ、無理難題といった雰囲気にある。
逃げてもマークされるだけだから、もうリスグラシューの巻き返しに成功した策にしか光明を見出せない状況とも言える。
完全なる欧州型の配合なので、軽い競馬であるとか、かなりの時計が求められる条件には死角はあるだろうが、ひとまず、自分の成長を第一とした目標達成がライバルには求められる。
自力以上のものを出そうとしたところで、己を壊すだけである。

一方、男馬2頭は共に、かなりの決め手を持つ、藤沢厩舎らしからぬ才能の持ち主。
ただ、2歳戦からバンバン走らせている点の方が、大きな異変とも取れなくはない。
レイデオロは正攻法の東京デビュー組。
順調に調整できているから、中山で無難に2勝目を上げて、余裕があればその次も勝ちに行くという結果が、3戦3勝となっただけのこと。
兄弟の特性をよく知る師だけに、成長を阻害させるような使い方ではないだろう。

しかし、狙ってもいないのに夏にガンガン使った上で、3か月も休ませないで東京、阪神のマイル重要レースを勢い任せに勝ってしまったサトノアレスは、もはや、里見オーナーの追い風だけでは説明のつかない異質の存在である。
ディープ産駒でこんな使い方をするのは、もう名の通った調教師にしか出来ないことであり、初勝利までの課題克服と秋以降のテーマとは大いに乖離があったはずだ。
それでも勝ち続けている。

母父がデインヒルというディープ産駒は、これまでオープン勝ちもままならない悲惨な状況にあったが、あの阪神で見せた決め手は、ディープらしさと同時に、タフな状況での終いの決め手比べで欧州を制したデインヒルの影響が大いにあったように思う。
距離が延びれば、時計への対応力は概念そのものが変化するから、スピード型には有利。
道理で藤沢厩舎の才能たちに、今のところ死角が見当たらないわけだ。
スピードで勝る以外に、勝ち目はないように思う。

 

コラム

新GⅠ再考

読了までの目安時間:約 3分

 

早速、キタサンブラックの大阪杯叩き台宣言が飛び出した。
7対3の割合で阪神大賞典かと思っていたのだが、行く末を展望するに当たって、己の適性を優先した印象がある。

有馬記念からの直行組は多いはずの大阪杯は、菊花賞、JCのそれも同時に増えると思われる。
昨年の秋天が休み明けの中距離型のワンツー。
宝塚組が基本的に着順を入れ替えながら、もう少しスピード面に補正をかけた結果が秋天の正解となるのが常。
ただ、宝塚のレベルが上がるに従って、適性は秋天にあるはずの馬が、JC以降の戦いを目論み、仕上げ過ぎずに出走するケースが増加。
大阪杯の場合はそれに加えて、クラシック組の直行のパターンが元から多い。

となると、ここで疲労より一番調子が上がった時に使うレースがないことが問題だ。
春天を目指す馬のためのレースではないから、一見、宝塚に向けた始動戦に相応しいようで、実は、国内組が一番ローテを組みにくい原因を作るレースとなり得る。
どの道、ドバイに行きたい馬は行くという流れは変えられず、沙田・QEⅡCのステップという傾向はより一層強まるだろう。
変な波乱も増えそうだし、いいことなしに思えるのだが。

ホープフルSは、正直、いつの間にか有馬前日の土曜開催に落ち着くと思う。
ただ、GⅠ格を返上した例など中央ではないわけだから、一度始めると厄介な事ばかりである。
皐月賞へのステップと考えているのか、単なる2歳中距離馬のチャンピオンレースにしたいのか、主催者の真意が見えてこない。
どっちもを狙い、且つ金儲けもするのだが、12月に目一杯に仕上げるクラシック候補を多く抱えた調教師はまずいない。
朝日杯を狙う関係者でも、目標は春に置いている。

レーティング制を重視し、出走頭数を12頭以下にするなどの特殊な縛りを設ければ、質の担保を容易に行えるはずだが、馬券を買うファンの目線に立ったレースにしようと最初から考えていないので、結局、ファンの嘲笑を買うだけだろう。
GⅡにはGⅡのステータスがある。
GⅠを増やす前に、ダートと牝馬のGⅡをもう少し増やした方が、みんなの幸せに繋がる気もするのだが、どうだろうか。

 

コラム ニュース

新馬2017<1/14~17>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場雪舞う土曜競馬は、何とか軽く渋っただけで無事開催された。
ダート戦が東西でふた鞍、稍重で行われたが、厳冬期のせいか人気馬の動きが芳しくなく、人気薄が双方で台頭した。

どちらも3番手追走からの抜け出し。おまけにゴールドアリュール産駒同士。
中山1200の牝馬限定戦は、10番人気のクーリュが制した。
堅実な走りをすることの多いクーリンガーの一族で、人気が出たところで食いっぱぐれはないと思うが、頭を期待すると切ない結果が続くので要注意。
京都1400戦は5番人気のクインズマラクータ。
色々な意味で注目が集まっている山内厩舎の馬。こちらも堅実なタイプが多い系統だが、勝ちっぷりはよかった。

中山では芝のマイル戦も行われ、人気のスカルバンが強気の早め抜け出しで人気に応えた。
バブル一族のタイキシャトル産駒。一年後はダートを走っていても不思議はない。中距離はこなせないタイプのように見えた。

日曜以降は、1場につき1回の開催。
日曜 中山ダ1800<稍>
5番人気 ブラックドーン<クロフネ×ブリガドーン>
追って味があって、母とは大違いのズブ馬だが、気難しそうな雰囲気漂う大型馬。
月曜 中京芝2000<重>
1番人気 タガノアスワド<ネオユニヴァース牝駒>
芝一番手のレースで、馬も人も慎重な滑り出しだったので当然のスロー。逃げ切りは評価対象ではないが、直線でのコース取りが様々だった他馬に対し、一定のリズムで押し切った勝ち馬がついていたという印象もない。次戦の内容が重要か。
火曜 京都芝1600<稍>
3番人気 チリーシルバー<マリブムーン牝駒>
揉まれないと強いナスルーラ系を体現するような、外からの豪快な伸び脚。大いに予定が狂った中で、関東所属の牝馬が楽勝した点でも、能力が違ったと言える。
母父ヨハネスブルグで、距離延長は歓迎とは言えないが、ゴツイ血統の割に器用なところがあるのかもしれない。
本来の内回りコースでの競馬となったのもよかった。

 

レース回顧

雪騒動経過報告

読了までの目安時間:約 2分

 

土曜日は、雪は降っていても前が見えなくなるほどの量ではなかったから、何とか滞りなく3場36レース全てを消化できたが、朝起きたら、中京、京都の競馬場周辺を含め、一面に銀世界が広がっていた。

京都は日曜の朝は晴れ間も見えていたから、これはできるという判断で除雪作業をせっせと行ってきたが、その最中に再度降雪の憂き目に遭い、以降の天候を考慮して、17日(火)のスライド開催を決定した。
中京は、事前の予報でも最初から諦めムードもあって、ほぼ予定通りの月曜開催だった。

その中京の月曜日。
結局、雪の量も降雪の時間の長さもあって、ほぼ日曜日の京都競馬の最初の変更事項と似たような1時間押しの開始で、昼頃に雪はちらついたものの、4時を過ぎたころには今週の24レースは、障害レースも含めてすべて開催できた。
芝・ダ重馬場で始まった道悪競馬は、待ちに待ったお天道様のお目見えにより、2時を前にしてそれぞれ稍重へと回復した。

問題は火曜日の京都。
万全を期した好判断も、月曜夜にも降るとされる雪の量によっては、来週の月曜日に再変更の可能性が出てきた。
除雪できれば、ダート変更もあり得るのだが、重賞は20年近くその緊急措置をとらないように努力してきたわけで、もう祈るしかない状況である。

そういえば、秋は台風の影響がよく大レースの前哨戦、トライアルで出ていて、セントライト記念や京都大賞典は火曜開催という年もあった。
3年前の東京開催も大変だった。都市型の自然災害対策はもう待ったなしだ。
金曜日は関東地方も雪に注意。

 

ニュース

厳寒期の思い出

読了までの目安時間:約 3分

 

聞くところによると、雪になるかどうかの境界線上にある天候になれば、人間活動が消極的になる分、熱量の放出も減る土日には雪が降りやすくなるという。
暖冬の年ほど、都心部での大雪の確率が上がるとも言われ、寒かったり暖かかったり、その差が大きい時は要注意なのだ。
今シーズンも早速、雪騒動が発生した。

日曜日のみ重賞競走の行われることが多い冬季は、ここ20年ばかり見ても、中止になるのは関東圏ばかりで、雪がよく降るイメージの京都は、振り替え開催になるのが大概土曜開催分というケースが多かった。
大騒動になるのは決まって東京の2月開催である。ここ10年だけでも、大きな変更は3回。
今年は嫌な予感がする。

共同通信杯はそれが特に多い。98年は小倉競馬場改修工事の影響で、中京開催で例年の小倉分をカバーするために繰り下げ開催で2月の下級戦は除外が乱発。
その上、2月の3歳最重要レースがダート開催になった。
ヴァーミリアンを後に送り出す超名馬・エルコンドルパサーの楽勝という結果で、大きな問題は生じなかったわけだが。

1月は延期より、事故のイメージが印象深い。
日本に忘れ物がないことを再確認するために出走したテンポイントの悲劇は、日本競馬に一種の禁忌を根付かせた。
どうしても新陳代謝の効率が低下する冬季に、いつも以上の能力を出させようとすると、事故の引き金になる。
現に、ダート戦が多い冬季の競馬は、道悪になった時の方が競走中止のシーンをより多く見かける。
中止になったり、延期になった際には、調子が狂って走れなかっただけという方が圧倒的に多い。
そうでないから、怪我をさせてしまうのだ。

リスクのある冬の競馬だが、ライバルを出し抜く好機にもなる。
JCや有馬で3歳時に3着と好走したクラシックホースといえば、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、キタサンブラックがいる。
強大な壁に跳ね返されながら、年が替わってからは勝負強さがより増したかつてのスターたちは、キタサンブラックに無事是名馬の格言を実体験で感じさせることで、大いなる収穫を与えた。
攻略法を知ったキタサンブラック。もう国内での幸福の享受には止まらない。

 

コラム