競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

自滅した可能性を考慮せよ

読了までの目安時間:約 3分

 

・前哨戦勝ち、好走の上位人気馬 テイエムジンソク<フェブ> ラッキーライラック<桜花賞> ワグネリアン<皐月賞> タワーオブロンドン<NHK>

・ディープ産駒のGⅠ馬 ダノンプレミアム<ダービー> サトノダイヤモンド<宝塚記念>

参照

・前哨戦からの連勝馬 ノンコノユメ ファインニードル スワーヴリチャード レインボーライン 

・(GⅠ連勝馬)<アーモンドアイ> 地方<ゴールドドリーム>

問題視したいのは、前走快勝の中心馬が、本番でかなりの人気を集め、結果を出せなかったこと。

フェブラリーSと皐月賞は、展開と馬場状態がかなり特殊だった影響は認められるが、良馬場だからあと2戦は力負けだったという結論も安易すぎる。

自滅する理由がなかったか。

それを紐解くために、成功パターンから類推する手段をとってみた。

まず、前哨戦がハイレベルだったことが重要。

時計が文句なしのノンコノユメ、レインボーラインは当然として、GⅠ馬を完封の2頭も素晴らしい。

GⅠ連勝馬にはそれに加え、今年最初のタイトル戦が休養十分の中でのレースだったことが、以後の活躍に繋がった点も見逃せない。

では、何故同等レベルの人気馬が自滅したのか。

実は、ほとんどの馬が連勝馬と同じように前哨戦やトライアルを素晴らしい内容で乗り切っているのだ。

それもほぼ王道路線で。

ただし、使い詰めの中のテイエムジンソクが息切れしたように、ラッキーライラックやタワーオブロンドンはその反対でいきなり全力を出してしまったことが影響した部分もあり、その流れは皐月賞のワグネリアンもそうだった。

ダノンプレミアムやサトノダイヤモンドが過去の素晴らしいパフォーマンスに皆がまだ魅入られていたことが、大波乱の影響を直接的に与えたのとは対照的に、前哨戦好走馬の消えたレースは全て、その後の流れの基本形を成した部分もあったりする。

NHKマイルCも、朝日杯経由のNZT組と期待馬の多かった毎日杯組で決まったから、本筋を逸脱した波乱の構図とまでは言えない。

ただ単に、出番が回ってこなかっただけ。出番があった連勝の4頭は、以後振るわないことは頭に入れておきたい。

 

コラム

新馬2018 <7/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

ひとまず、土曜競馬は台風の進路と関係のないところでの開催とあって、快晴の下、レースは進行した。

全て開催替わりで、顔見せ的に各場1鞍ずつ、新馬戦が行われた。

小倉1200は日曜も行われるので、分割レースのような趣。

キンシャサの男馬・ブルベアオーロがうまく立ち回りで勝ち上がったが、上がりだけが速いので評価微妙。

札幌1500は好カード。しかし、レーヴドスカーの娘・レーヴドカナロアの総合力が他を勝った印象。

この一族の中では反応はいいタイプで、若い斉藤調教師も、力が入るところだろう。

ただ、これらは前座。新潟1400で1:21.6という好タイムを叩き出した、ダイワメジャー×クーデグレイスのグレイシアはランクが違う。

タフな展開を自ら作ったのは田辺騎手の意思もあるだろうが、その影響で、後続は何もさせてもらえず。配合の印象通り、平坦ベストで1800くらいまでが合う快速型だろう。

日曜は倍の6レースが組まれたが、こちらも支障なくレースが消化された。

ただ、小倉は雨が降って、馬場は悪化しないないまでも、1200戦2鞍とも、平凡な内容。

九州産馬戦のコチョウジュニアと、8頭立ても波乱で接戦のレースを制したアーデントリーは大差ない印象。

上がりが掛かりすぎで、10秒超えでは評価しがたい。

札幌1800で豪快に突き抜けたクラージュリゲルは、キンカメ×ギムレットでトゥザヴィクトリーの系統。

仕掛けが遅れたのは事実で、そこから直線一気楽勝は素晴らしいのだが、時計短縮が課題なので、安泰とは言えない。

それなら、新潟マイルでデビュー勝ちのカナロア牝駒・エイカイキャロルの方が無難な推奨馬か。アドマイヤコジーン一族で、上手に運べると渋とい。

1400の牝馬限定の方は、ストレイトガールの妹・ビックピクチャーが辛くも差し切るも、線が細すぎて心配が多い。

新潟は風の影響もあったようだが、馬力がまだ足らない。

札ダ1700断然人気のリープリングスターも、ビックと同じハナ勝ちだった。2角先頭からの押し切りも、相手が強力だったわけでもないから、何とも言えない。

 

レース回顧

三冠馬の妹が登場

読了までの目安時間:約 2分

 

岩田騎手の骨折やポエッツワードが凱旋門賞の有力馬に名乗りを上げるなど、気になるトピックスはいくつかあったのだが、先日引退が発表されたジャスティファイの一代前の三冠馬・アメリカンフェイロー<ファラオ>の半妹であるチェイシングイエスタデイが、見事デビュー戦を快勝したというニュースが飛び込んできた。

西海岸であるカリフォルニア州のデルマー競馬場、28日(土)の第1R・メイドン(ダ5.5F)において、父タピット、母リトルプリンセスエマ、即ち、アメリカンフェイローの半妹にあたるチェイシングイエスタデイが単勝1.3倍の支持を受け、デビューした。

7頭立てのレースは、終始安定した正攻法の競馬で、4角先頭から、直線で4馬身余り後続を突き放す内容で完勝。

ボブ・バファート調教師の英才教育を受けた才媛が、丁寧に、かつ確実にステップを踏んで、無事にデビューを果たしたその初戦から、力の違いを見せつける。

兄三冠達成のほんのすぐ前に配合され、彼が引退後、未来を託されるように2年前の2月に誕生。

ブラッドスポーツである競馬の世界では、この手の話題に事欠かないわけだが、父がパイオニアオブザナイル<エンパイアメーカー直仔>から世界のトップサイアーたるタピットに替わっている点は、かなり興味深い。

兄は初戦は完敗。

2戦目からV.エスピノーザ騎手が乗って、8月のトラヴァーズSまで約1年負けなしだった。

栴檀は双葉より芳し。血統の力では上回るチェイシングイエスタデイは、たまに登場する兄や姉以上の天才になれるのだろうか。

 

ニュース

2018年 サマーシリーズ

読了までの目安時間:約 3分

 

北海道組と本州組のスプリント、2000シリーズの各勝者を挙げてみたのだが…。

函館スプリントS
セイウンコウセイ

CBC賞
アレスバローズ

七夕賞
メドウラーク

函館記念
エアアンセム

中京記念こそ
グレーターロンドン
が、時計勝負で人気に応えることになったが、それまでは1番人気などまるで用なしの競馬ばかり。

それもそのはず。

断然人気という馬はほとんどなく、少頭数の七夕賞で勝てるだろうと思われていたサーブルオールが3倍を切っている唯一の軸馬だったくらいで、その辺りは夏の重賞だから…、の雰囲気ともとれなくはない。

よって、どの路線をとっても、推測が難しい。

今後57以上は当然のグレーターロンドンが、夏に連戦させることもないだろうし…。

週末のアイビスサマーダッシュは、CBC賞組が3頭に、函館組が2頭で、当然、ポイント下位の馬ばかりが出てくるのだが、この特殊条件に対応している馬が多く、メンバーのネームバリューより、質の高い競馬が展開される可能性がある。

案外、その中で唯一の千直初経験となるペイシャフェリシタが、道悪の短距離戦で味のある競馬をしていて、横一線といった気配。

その後行われる、小倉記念や札幌記念で見えてくるのは、2200M以上の重賞での実績が近走の中距離の好走歴との兼ね合いが、距離短縮組の好走で、その後が展望できるから、新潟記念に元気に出てこられることが、チャンピオンの条件になりそう。

中央場所で最終戦が行われる短距離カテゴリーの2つのシリーズも、夏の始まりがこれだから、新潟の結果が左右する展開になるはずだ。

敢えて、今の時点で言えることは、初戦は不参戦、見せ場なしという馬の方が魅力か。

見立てとすると、馬券作戦ではハンデ重賞ばかりである以上、最低でも斤量据え置きくらいでないと、快走は望めない。

また、ハイペースが何故か多い重賞の傾向から、そこで前に行って粘っていた馬がいいのだが、それがベテランばかりでアテにならない。

何となく、やや長めのところに適性のある馬に決め打ちをするタイプの騎手の組み合わせに、妙味がありそうだ。

 

コラム

2歳馬選定<アドマイヤマーズほか>

読了までの目安時間:約 3分

 

何はともあれ、16年生まれ世代の初重賞から振り返る。

函館2歳S

ダート勝ち上がりの馬や1800勝ちの馬が先行勢にいて、上がりを要する厳しい展開になった。

とはいえ、新馬快勝のアスターペガサスとナンヨーイザヨイに明暗が分かれたのは、明らかに、揉まれ強さの差だったか。

両者とも、前を追いかける競馬を経験しているが、勝ち切ったアスターペガサスは時計こそ出せなかったが、新馬戦では自力で後続を突き放していった。

序盤のリズムが勝者は経験済みで、ナンヨーには我慢のいる展開になり、いかにも危うい若駒のわずかな経験値の差が、結果を大きくわけた一戦であった。

注目馬が登場のこのレースも。

中京2歳S

終始外から追走のアドマイヤマーズが、素晴らしい手応えのまま直線に。

少し前を行くエイシンゾーンも同じ週のマイル戦で鮮やかに新馬勝ちしていたが、人気の通り、最後は底力の差を示し、大外を突き抜けた。

ヘイローの3×5×5というあるようでない継続クロスが掛かっていて、早熟に出るとかなり難儀な存在になるが、さてどうなるか。

その他、主な期待の新馬勝ち馬は、

6月

1400以下

6/9 阪1200 アウィルアウェイ(牝)ジャスタウェイ

1600以上

6/2 阪1600 ジャミールフエルテ オルフェーヴル

6/3 東1600 グランアレグリア(牝)ディープインパクト

6/9 阪1600 サートゥルナーリア ロードカナロア

6/17 阪1600 ショウリュウイクゾ オルフェーヴル

6/24 東1800(重) アンブロークン ヴィクトワールピサ

7月

1400以下

7/1 福1200 パイロテクニクス パイロ

7/14 函1200 ジゴロ パドトロワ

7/14 名1400 ローゼンクリーガー(牝) ノヴェリスト

1600以上

7/8 名2000(重) カテドラル

7/15 函1800 アフランシール(牝) ハーツクライ

7/22 函1800 ウィクトーリア(牝) ヴィクトワールピサ

〃   福1800 ポリアンサ(牝) ハービンジャー

当面の注目馬は、

牡馬 アドマイヤマーズ

牝馬 ウィクトーリア

近年のトレンドである母父ヘイローのマキャヴェリアンの血が入ったサンデー系2頭の成長力に期待。

 

タグ : 

コラム

ジェニアルが仏GⅢ優勝

読了までの目安時間:約 2分

 

今、酷暑の日本での競馬を避けたこと自体が、成功の要因だったということなのだろうか。

松永幹夫厩舎所属の条件馬が、素晴らしい結果を出した。

この夏フランスに滞在し、一旗揚げてやろうと勇躍、格上挑戦することが決まっていたジェニアル(牡4)、ラルク(牝5)ら2頭が、日曜日のメゾンラフィット競馬場のレースに挑戦。

共に、武豊騎手が積極策を敢行し、見せ場を作った。

2100Mの準重賞クラス・ペピニエール賞に参戦のラルクは、10頭立てのレースで8着。

松永師は語った。

「ジェニアルの勝利の後で…」

4頭立て。日本ではレース不成立の超少頭数の条件で行われたGⅢメシドール賞で、高い評価を受けていなかったジェニアルが好スタートから、一直線のマイルコースを押し切り、2勝馬の身ながら堂々の逃げ切り勝ちを決めた。

調教師、騎手ともうまくいったということを語ったが、母が仏の主要GⅠを複数制しているサラフィナであり、父は今ヨーロッパを熱くしているディープインパクトである。

うまく行けば…、の目論見は当然のこと。目先を変えて違う景色の中で、眠っていた適性が目覚めることを期待した結果が、こういう形でいい方向に出たというだけだ。

冷静に振り返れば、4頭立てなら、日本の条件馬でしっかりとした武器を持っていれば、あまり格の高くない重賞くらいは、何とかなることはもうすでに証明されている。

狙いはその先。

血統的な価値では、母も妹も若いうちにGⅠ馬になったバックボーンを持つラルクも見劣らない。

誰と交配するチャンスを得られるか。

挑戦はまだ始まったばかりなのだ。

 

ニュース

新馬2018 <7/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

信じられないほどの晴天続きで、恐ろしいほどの高温にグロッキー状態のファンも多いことだろう。

いつもは雨の多い時期に、いつも通りのタフな決着は続いたのは、その気候の影響もあるのだろうか。

土曜は福島、中京で2鞍ずつ。

ただ、あまり身のある結果だったとは言い難い。

中京は1600では、キングカメハメハの孫が上位独占。勝ったルーラーシップのドラウプニルの正攻法の抜け出しがまずまずだったが、この距離があっていそうな馬が少なかった印象もあり、評価は難しい。

1400の方は、完全なる一騎打ちを先手を打って終始競り勝った人気のジョニーズララバイが勝利。

これもマンハッタンの男馬なので、アマゾンウォリアー系である点も踏まえると、気性面に課題があるということになる。

双方、いい騎手が乗っていたので、強く見えすぎた可能性もある。

福島の2000M戦は、マウンドロブソンの全弟・ボスジラが人気に応える競馬で勝ち上がり。

掴みづらいようでディープらしいしなやかさがないことが特徴であるから、時計勝負への対応力が今後は問われる。

1200戦の勝ちタイムは、良馬場にして驚異の1:13.8。

3Fから12秒台のラップだけというのも衝撃的だが、逃げ切りのルメッサージュは、ヨハネスブルグ牝駒なので当たり前と言えばそうなる。

日曜は中距離戦がそれぞれで組まれた。

中でも、函館1800で1:48.3を叩き出し、上位3着馬がレコード走となった一戦を、圧倒的なスケール感で逃げ切って見せたウィクトーリアの強さは、桁違いであった。

ヴィクトワールピサ×ブラックエンブレムで、岩田騎手騎乗。ミスプロが3代続けてクロスした配合に相応しい4段階加速の内容は、クラシック直結の底力を見せつけられた印象。

そのせいもあり、ゴール前大接戦の中京2000勝ちのソルトホープ、外からしっかり伸びた福島1800のポリアンサなど、ディープブリランテ、ハービンジャーの期待馬の登場も、やや霞んでしまった。

ウィクトーリアは体質の弱い系統なので、何とか小島茂之調教師にはいい仕事をしてもらいたいところだ。

 

タグ :

レース回顧

春のクラシックと福永祐一を考える<後編>

読了までの目安時間:約 3分

 

地方【1101】

中央【11010】

福永騎手の調子は普通だろう。

でも、ダービーを勝った。

勝負強さを勝ち取った。そう言いたい。

称賛するには、結果論だけではいけない面がある。特に、2000勝した騎手となると。

逃げる手を選んだ後に、いい反省の時間があった

そういえば、ルメールのキセキ、コパノリッキーの逃げ方でミステイクのあった戸崎、シュヴァルグランでの逃げでミソをつけた福永。

その後、他の騎手がいい乗り方をして結果を出したり、馬が変わってしまったりして、考え直しをした後に、素晴らしい才能と出会っている。

ライバルはいたけれども、自分の競馬に拘った

皐月賞はワグネリアンが全く走れなかったが、総じて、クラシック戦はここまで、力通りの結果になったところがある。

一番強い馬やその流れで一番適性のあった馬が、しっかりと結果を出した。

そのために、牡牝の結果の出方が違うのに、収まりのいいレース内容だったと総括できた部分もある。

客観的に見ても、恥ずかしい結果の出るような乗り方ではなかった

そもそも強い馬がいて、評価は後から考えれば結構間違っていたが、それでも、アーモンドアイとエポカドーロは、相手を見て戦うという戦法はとらなかったから、正しい形で走り抜くことが叶った。

それでも、ダービーは特別だった。

昨年のルメール騎手の大胆進出に代表されるように、今は、古くから残る格言に再び従うように、ダービーポジション18頭バージョンが、ほぼ毎年踏襲されている。

出会いの時期も、相手関係もどこかに縁がないといけないのがダービー。

福永騎手は、そういう考え事が増えやすいレースに挑むとき、割に合わない外枠の不利を完全に味方につける正攻法を選んだ。

残り1000Mくらいで、有力馬をしっかりと捉える位置に少し引いて、勝負所では彼らを追い詰める進出で、自分の流れに持ち込んだ。

筆者は感じた確信的勝機は、実は、福永騎手の中にもあったはず。

最後は一所懸命でも、勝負はその時にもう決まっていた気がする。

ダービーの勝者が味のないレースをすることはない。故に、美しさの極致が体現され続けるのだ。

 

タグ : 

コラム

アウトサンデーの人気馬とGⅠ連対馬

読了までの目安時間:約 3分

 

上位3番人気以内

フェブラリーS テイエムジンソク② クロフネ×フォーティナイナー

NHKマイルC タワーオブロンドン① ゴーンウェスト系×ネヴァーベンド系

安田記念 ①モズアスコット NoD4種クロス

宝塚記念 ①ミッキーロケット ヌレイエフクロス、②ワーザー サドラーズウェルズ直系

サンデー系の淘汰は勝手に進行するから、それほど問題にはならないのかもしれないが、違う血を持つ系統で、かつ、直系がサンデー系ではない馬の成功パターンは、是非ともマークしておきたいところ。

馬券戦略以前に、違う形をした別のキャラクターの登場は、そこに参加するしないに関わらず、大きな影響を持つものである。

事の本質は、条件が合う合わないの幅がはっきりと見えていることだろうか。

良馬場とはいえ、ある意味での重馬場化した状態でのタフなハイペースマッチで完全にリズムを崩されたテイエムジンソクが、その典型的な被害者であった。

サンデーサイレンスの入った2頭が、それも地方の交流GⅠにこのレースの前後で縁のある両者の競馬になり、2着ゴールドドリームは母父フレンチデピュティで近い関係にありながら、中京の時とは全く違う競馬になった。

その後の両者の立場は、月とスッポンである。

タワーオブロンドンは、アーリントンCの開催時期の変更も味方につけ、休養十分でそこに挑み快勝した。

さて、本番は…。直線で揉みくちゃにされ、全く競馬にならず。

伏線があるならば、朝日杯とトライアル両方の好走馬のマチカネホクシンが、母系に似たような血を持っていたことか。これは3着。

外からディープにぶち抜かれたことでも、まるで良さが出なかった。

伏兵で勝利の2頭には、重厚なノーザンダンサーの血が入り、クロスしている共通点があり、似た適性をワーザーも持っていた。

前走の内容だけではない理由でサンデー系が人気になり、厳しい争いに上がり目のある本格派血統の馬が台頭の構図は、馬場状態等を考えると、ある意味、これが普通であるべきという見方もできる。

 

コラム

怪しいGⅠの分析

読了までの目安時間:約 3分

 

ヴィクトリアマイル ジュールポレール

重賞未勝利馬による、レース史上初の優勝、連対達成。

3着の例はこれまで、

’17自身

’15ミナレット

’09ショウナンラノビア

’ブルーメンブラッド

ブルーメンブラッドは前走の阪神牝馬S2着馬で、秋にはGⅠ馬になった。

今年の3着馬である、レッドアヴァンセはそれと同じような戦績があったが、ストレイトガールのように不利があった年の3着から、その後連覇するようなはっきりとした武器のある馬ではない点で、極めて特異な結果と言える。

宝塚記念 ミッキーロケット

重賞1勝馬による勝利は95年のダンツシアトルと02年のダンツフレームがあるくらい。

時計と実績で上位人気だった2頭に比べ、枠順だけで大レースを制したこと自体が極めて異例の出来事。

ダンツシアトルの時も稍重で、いくらか縛りが解けるとはいえ、近1年以内での重賞連対1度のみの馬の好走そのものが、13年のカレンミロティックしかいないから普通ではない。

共通項はそれが中京の暮れの2000M重賞での連対実績ということになるが、何とも言えない。

調子がいいという声は聞かれていたし、ケイアイノーテックのパターンにある直前乗り替わりのGⅠ春初制覇も珍しいパターンだが、日本の小市民の一人である筆者には、この2頭の快走に今でも疑念がある。

人気のGⅠ実績馬の凡走や不発、勝負に挑む際に必要な際どい場面での勝負強さの点で、2着馬の方が遥かに格上のようで、勝負強さや持ちうる武器はGⅠ級だったと、レース後に気づかされるパターンは、あるようで意外とない。

何せ、先行馬よりマグレの確率が断然低い、中団グループの差し切り勝ちの類である点も、道悪は抜きにして、極めて珍しい。

道悪とて、時計が平凡だったわけではない。

歴代のハイレベル決着に及ばないまでも、良馬場のアヴェレージより上というタイムだった。

フロックという論理では、どうにも説明のつかない結果。

好走理由や血統に目を転じると、割れ気味の単勝オッズの中争われた一戦で、人気の主要種牡馬の産駒が勝ち切れず、違う傾向の大種牡馬の産駒が勝つという流れが同じ。

落としどころはその辺りしかない。

 

コラム