新馬戦<8/3・4>ウーマンズハート、カーフライタークほか

競馬予想ブログ JUST

新馬戦<8/3・4>ウーマンズハート、カーフライタークほか

読了までの目安時間:約 3分

 

暑いぞバカヤローなんてほざいていると、我々に沢山を夢を与え続けてくれたディープインパクトの死が伝えられ、さすがに冷静さを取り戻した競馬ファン。

思い出は沢山あっていいのだが、多すぎるとまた記憶の補正をし直さないといけないとなって、ひと汗かくことになった。

そこまで含めて、名馬物語なのであろう。

ただ、土曜の新馬にディープ絡みはなし。それでも3レースとも直線で後続を突き放す馬が登場した。

札幌と小倉は1200戦。

オッズの付き方が怪しかった札幌はGアリュールの牝馬・ヒルノマリブが4馬身差、小倉はエピファネイアの良血馬・カーフライタークが6馬身差で、それぞれ圧勝。

まあ、ベストの舞台ではないとは思うが、なかなかに楽しみな素材である。

それらを上回ったのが、新潟マイルの牝馬限定戦。

1番人気が自身の事情もあって見せ場なしも、代わって台頭のハーツクライ産駒・ウーマンズハートには、彼の日のジャスタウェイを思い起こさせる決定力があった。

ラッキーナインやティーハーフの近親で、将来の展望は実に明るい。

日曜は中距離新馬が各場で組まれるも、1番人気3頭は小倉の1勝のみ。

その1800戦は、完全に立ち遅れだった人気のスティッフェリオの半弟・シリアスフールが豪快に勝ち上がり。実にミステリアスな存在の育ちそう。

札幌1800と新潟1600はそれぞれ逃げ切り。

北はローズキングダムの牝馬・アールクインダム、新潟のショコラブリアンもダイワメジャーの牝馬。

馬格やレーススタイルの差で、完成手前のディープを完封した格好。

いい勉強になったとしたいところだが、このディープはちょっと皆非力だった印象もある。

ただし、札幌のファストアプローチの下だけは、単に、仕上がり度合いの問題という可能性もあり、ここは評価保留が無難か。

小倉の牝馬の1200戦はエピファネイアのヒバリ、新潟1400もキングズベストのトロワマルスが、各々ゴール前差し切ったが、前者は母父キンカメ、後者もSクリスエスだから、母系も良くてほとんど同じタイプ。短距離の高速決着は苦手そうだ。

全8鞍中、牝馬は6勝。そういう季節である。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

タグ : 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方