テイエムフローラ、キムケンドリームほか新馬回顧<10/12~15>

競馬予想ブログ JUST

テイエムフローラ、キムケンドリームほか新馬回顧<10/12~15>

読了までの目安時間:約 3分

 

半ば強引に始まった4回京都2週目の競馬。

当然の波乱、鈴木孝志厩舎&和田騎手&中型牝馬の3点セットで、2レースは決着。

ダ1800は逃げ切ってラーラクロリ。父はサムライハート。

芝1600の人気馬殺しの追い込みは、スクリーンヒーロー産駒・テイエムフローラ。

内からの押し切りの後者は作戦勝ちでも、後者に関しては、アストニシメント系のミネノタケの子孫で、異様なレベルの道悪適性があったように思う。

日曜も京都のみ。

注目馬の出てきた芝2000戦だが、直前に晴れてきても…、という重馬場で適性がモロに出てしまった。

直線で馬込みを鮮やかに抜け出してきたのは、オルフェ産駒・メイショウナルトの半妹という血統のキムケンドリーム。キズナが2頭続いた辺り、こういう条件に適性がないと苦しかったようだ。

月曜日のみ、予定通りの開催になるも、何だかんでまた雨が降って、雨馬場に。

彼の日のシーザリオを再現したようなところのある東1800の福永騎手騎乗・ルナシオンは、配合が全く同じのダノンプラチナに近いキレ馬で、兄のスワーヴリチャードに似た雰囲気は、胴長に見せる体型くらい。パワーはありそうだが、東京専門かもしれない。

1600の牝馬戦は、いち早く抜け出したエピファネイアの仔・フェルミスフィアが見事だったが、うまく外に張れていたら、菜七子騎手のピーエムピンコの逆転だったか。後者はリアルインパクト産駒。個性が強い者同士だ。

京ダ1200逃げ切りのヴィンチェーレ、芝1400快勝のレシステンシアらは、母系が重厚なサンデー系。

キレない分、強気に動ける良さがある。

馬場回復叶わず、むしろ悪化の火曜東京は、2000M戦をエピファネイア×アプリコットフィズの牝馬・フローズンスタイルが、しっかりと先行抜け出しで快勝。9頭立てで、牡馬が人気。距離の長さが結果にも影響したが、勝ち馬は能力上位だった。

ダ1400はバトルプラン×リンカーンらしからぬ根性の持ち主・タイセイポリシーが勝ち上がり。なかなかの曲者だ。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
誰でもカンタンに1000倍超の配当をGETできる方法

無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を当サイト特集ページで完全無料公開しております。
10/20 東京12R 279,520円 的中
10/05 東京05R 128,270円 的中
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
10万馬券攻略法 特集ページ

  

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方