スカイグルーヴ、クラヴェルほか新馬回顧

競馬予想ブログ JUST

スカイグルーヴ、クラヴェルほか新馬回顧<11/2・3>

読了までの目安時間:約 3分

 

好天の土曜競馬は、午後に怒涛の新馬5戦が組まれるも、いとあやしの展開が続き、振れ幅の大きい競馬ばかりだった。

人気に応えたのは、東ダ1600のバーナーディニ・アメリカンベイビー<母父パイオニアオブザナイル>と、2番人気でも唯一の関西馬として例によって勝利を収めた東マイル・牝のディープ産駒であるクーファイザナミと、ほぼほぼルメールさん頼りというのが何とも切ない。

鞍上の騎乗技術もさることながら、その存在によってレースがより自身にプラスへと働く、30代の武豊時代のそれに見えてきた。

馬に関しては、次戦次第で再評価した方がよいか。

京都は川田不発のダ1400、芝2000の影響は大きかった。

その前のマイル・牝を勝った康太騎手のエピファ×Dマドレのクラヴェルが、この日のベストヒットか。

やけに人気が割れた一戦だったが、直線の伸びが違った。

ダートは攻めの和田が決まって、サウスヴィグラスの中型馬・マティアスが新馬勝ち。

2000のVピサ牝駒・アンサンブルも和田騎手だが、これは勝負所の手応えが誰よりも良かった。

日曜は何といっても、東京の2頭。

中でも、2000Mで逃げて差し脚を使ったパロクサイド系フィリー・スカイグルーヴの破壊力は満点。

最初から逃げるのはあまり感心しないが、スローからの直線最速の脚ならば、ドゥラメンテ化も期待できる。

エアグルーヴのようにセンスで勝負するタイプではない。

東マイルと京1800の芝を勝ち上がったディープも悪くない。

自慢の決め手を、サトノフウジンは母系アメリカン、トゥルーヴィルがフレンチ配合の母系という武器を活かし、爆発的に炸裂された。鞍上のアクションとも合っているタイプだった。

ダート戦を勝ちあがったキタノオクトパス<フェノーメノ>、メートルムナール<オアシスドリーム>らは、母系もヨーロピアン型の血統なので、評価が難しい。

京芝1400で人気に応えたキズナ・ワンダーカタリナも、直線平坦は合うが、距離適性はまだ未知である。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方