2019年 牡馬クラシック

競馬予想ブログ JUST

牡馬クラシック路線 2019 総括

読了までの目安時間:約 3分

 

厳しいレースばかりの牡馬のクラシック戦線となった。

そして、最もタフな競馬を強いられたのが川田騎手とそのパートナー。

勝ったと思ったら寄られて…。

休み明けの固定概念を2週続けて喝破するがごとき、至高の快走でパートナーを勝利へと誘ったルメール騎手の騎乗技術もさることながら、本家ギニー競走を攻略する有力馬にとって平凡な手法をとってきた陣営の罠に、本場のサイドバイサイドを食らったヴェロックスは、ちょっと東スポ杯後の2戦が楽勝だったとはいえ、走りすぎていた面がある。

皐月賞から4連敗だった。

サートゥルナーリアの破壊力に恐れをなして、皐月賞を回避したようなところがあるダノンチェイサーは、NHKマイルCへ直行。

3か月を遥かに上回るレース間隔で、ルメールが中央タイトル3連勝。

4連勝を懸けたのが、その端緒となったイメージ通りの桜花賞快勝・グランアレグリアの華々しいGⅠ連勝を皆が期待しながら、またルメールが斜行して、今度はダノンチェイサーなどが不利を受けた。

外を回った、皐月賞は長くて…、の2歳王者アドマイヤマーズが、グランを返り討ち。

ダービーは盛り上がったが、結果はよくわからなかった。

それは菊花賞も同じか。

動きたい馬が伏兵ほど多かったはずが、思ったよりも…、の極端な展開の差で、ヴェロックスの持ち味が半減。

両方とも内容はあったが、うまくレースを攻略できずに、3着止まりだった。

ロジャーバローズは行っちゃいけないくらいのところから動いて、浜中騎手はヴェロックスの主戦ではなくなったことを利して、見事に初制覇。

一方、京都外回りの基本を全て10代でマスターしていた武豊騎手が、スーパークリークの復習をしっかりして、3番人気ながら、伏兵の差し切りを決めた。

動いていくタイミングが、一番難しかったヴェロックスが、皐月賞で最大のチャンスを逃したことで、勝機を逃したというクラシックに、陣営としてはなってもらいたいと願う、晩秋の候となった。

まずは、サートゥルナーリアにもう一度先着したい。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方