ストーンリッジ、ヤマニンプレシオサほか

競馬予想ブログ JUST

ストーンリッジ、ヤマニンプレシオサほか新馬回顧<11/30・12/1>

読了までの目安時間:約 3分

 

捉えどころのない競馬となった中山に、名手の一騎打ちとなった阪神。

難解な中芝1200を制したのはヴァンセンヌの牝馬・ヤマニンプレシオサ。2着馬はザサンデーフサイチの仔。解釈は難しいが、短距離ほど外した血統の馬が台頭するもの。

阪マイルの伊・日レジェンドジョッキー対決は、人気のデットーリ・ストーンリッジの勝利。

武豊がスズカコーズウェイで逃げて2着に持っていく方が立派だが、クロウキャニオンの仔に新馬で好位抜け出しをさせるフランキーもさすが。

中山・阪神ではダ1800戦も行われた土曜新馬。

中山はミルコがマーフィーにケンカを売って失敗。人気のウィルテイクチャージの産駒・シアトルテソーロが、エピファネイアの仔を封じた。

ファピアノとデピュティミニスターというパワー型配合の父が、肝心の大一番で振るわなかった点を踏まえると、タフなサンド馬場に適性ありだったか。

阪神のスローヨーイドンを制したフェルカドは、ハーツクライ×アグネスワールドという配合。

これがリファールのクロスが入って結構ズブい。鈍重なリファールで、湿ると詰めが甘くなりそう。

昔、今頃の新馬はもう少し盛り上がったものだが、クラシック級は余裕ローテで2戦目を経ているのが今は普通。

日曜はダート組と中2000勝ちの伏兵が目立った。

芝からざっと回顧すると、直線の伸び脚鋭かった中山のクロスザルビコンは、父フェノーメノより祖父ステイゴールド寄りのコーナーワークが巧みな馬か。

阪2000のブラックタイド・バルンストックは、時計はいいが、人気馬の完成度に問題ありの逃げ切り勝ち。

中京1400は好位抜け出しのグランプリボス牝駒・ミズリーナはいい勝ち方でも、武豊だから楽勝に見えた面もある。

中ダ1200はスタートで勝負ありのヒルノダムール牝駒・ニシノステラ。

だから、それよりは快速ディストーティドヒューマー産駒のケイアイワイプが勝った阪ダ1400の方が評価すべきか。

母系にロベルトやリヴァーマン、母父ブラッシンググルーム系のルロワデザニモーだから、これはエスポワールシチー級になっても不思議ではないと、妄想込みで推挙しておく。

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方