2019 香港国際競走

競馬予想ブログ JUST

ウインブライト、ノームコアほか関東馬に注目<香港国際競走1週前>

読了までの目安時間:約 2分

 

今年は昨年とあまり変わり映えしない香港勢の面々に対し、日本のトップホースに美浦所属の関東馬が例年よりは多いという特徴がある。

その大将格がアーモンドアイに代わって注目度数倍増しの春の覇者・ウインブライトであろう。

秋2戦の内容からかなり不安な材料を抱えるが、アーモンドアイ効果もあって、メインのカップにはマジックワンドという、ウインブライトらアジア勢からしたら少し格下のガリレオ牝馬が参戦するのみで、身内の争いに止まりそうな雰囲気。

陣営からも強気なコメントが発せられているくらいで、自分の状態如何で、春の再現は十分に可能に思う。

マイルでは秋緒戦も快勝し、本来恐れられるべき地元の雄・ビューティジェネレーションが、乗り替わりも条件変更もしていないのに連敗とあって、ルメール騎手の参戦意義が失われつつある状況で、燃える条件の整ったノームコアが注目馬。

レーンのインディチャンプ、スミヨンのアドマイヤマーズと、元々地元勢が圧倒的に強いカテゴリーで、ビューティジェネレーション次第で…、というのは、カップと似た雰囲気。ここは勝ちたい。

ヴァーズは洋行帰りで今季の締めに香港へ戻ってきたディアドラ嬢が注目も、ここは関東馬のグローリーヴェイズが気になる。

ただ、前年覇者・エグザルタントや英ダービー馬・アンソニーヴァンタイクがいて、そこに復活なったラッキーライラックも加わるから、のっけからガッツリの好カード。

ただ、総合力で春天2着馬が見劣るような組み合わせではない。

この馬がスムーズにレースを運べれば、ダノンスマッシュの覚醒如何で、衝撃の4タテも十分にあり得る。

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方