新馬回顧2020 <1/18・19>

競馬予想ブログ JUST

2着馬に大差のシェダル – ライバルとの差を徹底分析 / 新馬回顧<1/18・19>

読了までの目安時間:約 3分

 

1月18日 1回中山6日目 ダ1800M

 

単純比較はすべきではないと前置きした上で、暮れの同条件におけるハイパフォーマンスをちょっとだけ凌駕した感じのシェダルについて、ここでは触れざるを得ないだろう。

こちらはクロフネ肌のゴールドアリュールの大型馬で、高速決着に向いていそうな雰囲気はぷんぷんしていたし、直線の追いっぷりなんかは、カフェファラオのライアン・ムーアを彷彿とさせるものがあったマーフィー騎手の叱咤も効いたのだろう。

とはいえ、2着馬に2秒差だから、ちょうど10馬身差の1.6秒差だったカフェファラオよりも、インパクトは大。

しかし、ここからが肝心で、カフェファラオに木っ端微塵にされた2、3着馬は、次戦であっさり勝ち上がっている。

バーナードループという勝ち馬と人気では拮抗していた期待馬も、2戦目の中山ではしっかりと時計を縮めて7馬身差の勝利。

良馬場での結果が重要であったりするダート戦線。

大変な天候の中とはいえ、普段よりはわりかし走りやすいという条件で、カフェファラオより0.1秒総合タイムで上回っても、上がりで1秒以上差がついているということは、同日京都の未勝利戦で馬場同質・61.4-51.7→1:53.7で逃げ切ったクリノイコライザーだって、カフェファラオより1秒速く走っているのだから侮れない存在と言えるわけで、どこまで自分を高めることができるかが肝要だろう。

半姉は秋華賞でも人気を集めたパッシングスルー

血統のイメージは全く違うが、一族には長く活躍したミスター大賞典・ヒットザターゲットもいるタフなタミーズターン系。

姉は芝の重で走りづらそうだったが、弟はダートの渋馬場は得意そう。

とは言いつつ、翌日の未勝利戦でも中山でぶっちぎり馬が登場しているから、ライバルは多い。

---

 

日曜の芝で勝ち上がった人気の2頭は、距離適性は血統のイメージ通りだったものの、馬格のイメージとレース内容が正反対。

高馬のアドマイヤより、大きすぎない東のキンシャサノキセキの方に肩入れしたい。

まあ、どっちもディープ関係者なのだが、後者・ルフトシュトルームは父超えられそうなスケール感を秘める。

堀先生のお手並み拝見。

↓【注目】セントライト記念&オーバルスプリントの予想公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方