2020年京成杯回顧 - 道悪歓迎キズナ×タイキシャトルの伏兵・クリスタルブラックが強襲

競馬予想ブログ JUST

無料の競馬予想|馬券名人養成プログラム
今週の注目レースを予想 TCK女王盃の徹底予想はコチラ!

2020年京成杯回顧 – 道悪歓迎キズナ×タイキシャトルの伏兵・クリスタルブラックが強襲

読了までの目安時間:約 4分

 


内にモタれながらの追い込みで、前を一気に飲み込む。

キズナ産駒で新馬を勝ったばかりの馬。

父エピファネイアで新馬を勝って一息入れて、断然の支持を集めた牝馬の優勝は、あと一歩のところまで迫っていたが、いくらか軽い馬場の方が合うスカイグルーヴは、道悪歓迎にも思われたキズナ×タイキシャトルの伏兵・クリスタルブラックの強襲を凌ぎ切れなかった。

恐らく、上がりが掛かりすぎたがために生じた逆転劇。

過激なパフォーマンスで世の注目を集めた直後のヒシアマゾンが敗れたのも、同名で中身はジュニアCと似たマイル重賞時代の京成杯だった。

牝馬が来ないのは、夏の終わりに行われる京成杯AH以外の中山マイルの重賞と似たような現象。

時計が掛かるのがあまり前ではなくなった昨今、予報も芳しくなかった週末に向け、1勝馬なら自己条件を選択するという手段も講じられたはず。

しかし、ある意味で人気のスカイグルーヴとそれを差し切ったクリスタルブラックは、不安材料があってもそれを無視して、見事に新馬からの連チャンを決めたわけだ。

牝馬のスカイグルーヴには賞金加算の恩恵と共に、番手からの抜け出しという最大にして唯一のテーマが、滞りなく消化された意義は大きい。

勝つに越したことはないが、みんなが思っている以上にタフな競馬になる、キングカメハメハでさえ完敗の京成杯で連対したのである。

新馬戦に引き続き、豪快に差してきたクリスタルブラックの経験値が、中山でのパフォーマンスであったということ以上に、スカイグルーヴには自身の中にある道悪は決して歓迎ではない上に、そもそもタフな中山での2戦目の競馬という大いなる死角は、きっとそれほどの問題ではなかったように思う。

そもそも、上がりがみんなの使えるレベルの数字になる条件で、他の馬と合わせて走る経験を、それは勝ち馬も同じだが、重賞で初めてすることになれば、前に行く馬でも後ろからの馬でも関係なく、それは苦しい戦いになる。

もっと経験を積んだ馬が多かった中で、最内・大外に配された2頭の1戦1勝馬のワンツー。

思われているよりも、ずっと彼らのスケールは大きかったのだ。

伏兵の快走ではあったが、サンデー以外のヘイロー系が母父、母母父ロベルト系のクリスエスで、明らかにこういう時期の中距離戦に合わせてきたような配合のクリスタルブラックの未来は明るい。

直線で唯一、例年より渋っていることで差しが決まる状況でも、追い込みが決まったと言えるのは彼だけである。

謎の二桁体重減のゼノヴァース以外、2分2秒台という馬場相応の底力勝負で、期待された組は好走している。

中山というタイプではなさそうなディアスティマ、ビターエンダーらに2馬身半つけたスカイグルーヴは、やはり只者ではない。

きっと、彼らよりもっとタフなコンディションでは苦戦すると思われた馬である。

荒れ馬場は苦手で時計が速くなりすぎるのも特段好むことはないパロクサイド系の良血馬にとって、早い段階での稍重克服は強気になれる要素。

祖母アドマイヤグルーヴは、道悪経験なしに本番を迎えたので、クラシック後に活躍。

その前の代は反対に、エアグルーヴが2度の稍重での勝利、ダイナカールは桜花賞で不良馬場を経験後、各々オークスで勝利している。

ルーラーシップが3戦目で稍重勝ち。一方、スカイグルーヴの叔父ドゥラメンテは、最後のレースが初の稍重の宝塚記念。

苦手なものを早くから経験すれば、その後の活躍期間は長くなるのがこの系統の特性である。




↓【注目】TCK女王盃の無料買い目はこちらで公開!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

2020年11月7日(土)福島8R 109,670円
2020年10月25日(日)東京12R 207,000円
2020年10月24日(土)東京12R 117,400円
2020年10月11日(日)新潟11R 135,700円
2020年10月4日(日)中京6R 205,350円
2020年10月3日(土)中山2R 877,090円
2020年9月26日(土)中京6R 510,190円
2020年9月20日(日)中山8R 69,540円
2020年9月6日(日)札幌10R 461,000円
2020年9月5日(土)小倉12R 24,810円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

今週の注目レースを予想 TCK女王盃の徹底予想はコチラ!

 


タグ : 

G3 京成杯 京成杯2020

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方