新馬回顧2020 父スピルバーグばりの追い込みでレッドサーシャが差し切り勝ち

競馬予想ブログ JUST

新馬勝ちレッドサーシャの傑出した血統的魅力

読了までの目安時間:約 3分

 

2020/2/22 土曜 東京 芝1800M 新馬戦

何かが起こりそうだった組み合わせではあったが、やらかしたのは人気薄の鈍行2人組のみで、レースもタイトに流れた。

とはいえ、この時期にデビューする組だから、すんなりとは収まらず。

 

石橋脩騎手のブラックタイド産駒の牝馬・ブラックアモーレが、関西馬らしい底力を見せたと思ったゴールほんの寸前のところで、父スピルバーグばりに遅れてきた大物的追い込みでレッドサーシャが差し切り勝ち。

個体の能力がどうこうというより、この日はこういう結果になったというだけのことだろうが、この牝馬、ちょっと血統的魅力があまりにも傑出しているので、取り上げざるを得ない。

 

父は言わずと知れたディープ産駒の秋天快勝馬であり、JCでも好走した藤沢和雄厩舎の秘蔵っ子。

その母方に入ったサドラーズウェルズが、レッドサーシャの母父父と共通とあって、その4×3を有するわけだが、この馬の血統構成はそう単純ではない。

その他に、狙わないとつけられないアルザオもクロスしていて、母父がガリレオだから、ミスプロも多重クロスの中に含まれる。

 

現在のトップサイアーやその直仔の組み合わせというのが一般的な解釈となるわけだが、母系と辿れば、5代母のアラーラがトニービンの3代父と共通のゼダーンの直仔であり、その直系を形成する中心であるナスルーラが存在することにより、マムタズマハルの5×5をボトムラインで生ずる、狙いを感じさせるインブリードとなっている。

遠い親戚にはスマートファルコンがいて、一応は同族となるダービー馬のタニノギムレットらが、日本の代表的存在。

ミホシンザンやブラストワンピースもいる。

2着だったブラックアモーレだって、ミスタープロスペクターの一族だからそう見劣るようなファミリーではないが、競馬世界では直系の次は血統図の底を形成する母系が重要とされる。

 

いつものように、またしても牝馬が活躍の芝の中距離戦の新馬となれば、競走実績より、その血をより広範に展開する役目の方が大きな意味を持つはずだ。

生産した辻牧場では、いにしえの二冠牝馬・インターグロリアでも、このような意図したクロスを施して成功している。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方