2020年 クラシック展望③きさらぎ賞、共同通信杯、クイーンCなどを回顧

競馬予想ブログ JUST

2020年 クラシック展望③【注目馬評】コルテジア、ダーリントンホール、セイウンヴィーナス、ラウダシオン、デアリングタクト

読了までの目安時間:約 3分

 

人気を裏切った馬も多い2月は、伏兵陣の評価に傾注していきたい。

きさらぎ賞

上手に運んだストーンリッジと、絶妙な追い上げがその快走を阻んだコルテジア。

馬場が変な感じに回復傾向だったとはいえ、どちらかというと、人気勢は荒れ馬場で自慢のパワーを見せつけるタイプではなかったようで、その隙を見事についた伏兵の走りは、混戦向きのそれであることを証明した。

共同通信杯

道悪だからサドラー系とオルフェで決まったわけではない。

位置取りに積極的だった順の掲示板に載った人気馬の序列であり、最後に根性を見せたダーリントンホールは、ビターエンダーよりも闘争心が上だった。

マイラプソディの不発は大いに影響したレースながら、自在性に課題があった以上、こういう結果は、東京だからこそ起きたという必然性も孕む。

簡単にマイラプソディの才能を否定できないように、一気に死闘を演じた2頭の評価が上がるわけではないが、近年の傾向通り、好走2頭はダービーより皐月賞の方が狙い目か。

クイーンC

恐らく速いタイプと思われたディープ2頭が、それより評価された2頭を力で抑え込んだレースだが、注目は野中悠太郎騎手がずっと乗っている3着のセイウンヴィーナスだろう。

全くヒントのなかったカレンブラックヒル産駒だが、差して結果出ずなら、GⅠ的進出で勝ったミヤマザクラと3角手前までは同じようなポジションからの好走で、伸びしろは上位2頭にも引けを取らないか。

昨年の秋華賞のような馬場で、中距離戦を戦える状況が望ましいか。

クロッカスS

結果的には、関西圏でかつGⅠも経験していたラウダシオンだけが、現状のオープン馬であったというだけの事。あっさりの逃げ切りのようで、道悪もハイペースも経験していることが、彼より人気になった面々には大きな実力差となって現れた。

エルフィンS

一点、線の細い人気先行の良血馬より、馬力も期待できそうな配合のハイセンスなデビュー戦の勝ち方をしたデアリングタクトの方が、上がり目も才能も上だったというだけの事。

馬場質がこの週だけ異様だったとはいえ、独走での勝ちタイム1:33.6はQC超えであり、クラシック級を証明した。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方