ジャストナウ・3月に突然走り出すのはあの馬の仔…

競馬予想ブログ JUST

2020年【3月に突然走り出す馬】狙い馬を血統・種牡馬から考察

読了までの目安時間:約 3分

 

リーディングサイアーランキングからではなかなか思いつかない「一変の種牡馬」みたいなタイプがいないかと近3年で産駒が年間重賞5勝以上しているトップサイアーについて考察したのだが、もう死んでしまった大物サンデーとキングマンボ系の血脈に挟まれて、最古参の部類に属するハーツクライのスイッチの入り方に、まるで他との違いを見た。

 

2月の東京では、ほぼ確実にトニービンが入った馬がどこかで必ず重賞を勝っているから、フェイムゲームや後の東京スターの勝利は別として、ハーツクライの産駒はその他の冬の競馬場では重賞勝ち馬を殆んど出せていない。

暮れまでは走るが、年が明けても勢い駆って…、と同級生のキングカメハメハみたいな流れは作れない。

ライバルは冬でも夏でも強いが、2回中山、1回阪神が始まる前に重賞を制したというのが、

13

日経新春杯・カポーティスター

京成杯<雪で1週繰下げ>・フェイムゲーム

16シンザン記念・ロジクライ

 

の3例しかない種牡馬の産駒が、毎年上位3、4位に入るだけの賞金を稼ぐのだ。

ボチボチ頑張りたいハーツクライ氏は、早逝のサンデーサイレンスとトニービンに大いなる影響を受けた名種牡馬だ。

何事も、適度に頑張るのがいいのだろうか。

 

実は、これには続きがあって、直仔で傑作のジャスタウェイのトップホースであるアウィルアウェイが、念願の初重賞制覇をシルクロードSで果たしたのである。

翌週はトニービンの代表産駒であるジャングルポケットを母父に持つコルテジアが大金星を挙げ、SS×TBというダイレクトな配合のハーツクライには、強烈な武器がある一方で、破壊力を見せつけられず不発に終わるケースも多い。

柔軟になった次の世代の方が、きっと自在な適性を示すことは、トニービンの血が今では小回りの方にフィットするケースが多く見られる転換の理屈とも合致する。

 

もう一頭のスター候補であるヴェロックスの方は、成長曲線とは違う理由で沈黙が続いているが…。

ジャスタウェイ自身がそうであったように、せいぜいリスグラシューくらいの結果でないと、やはり、上がり目はなくなってしまうのだろう。

↓【注目】週末重賞の無料買い目はコチラで公開します!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方