チューリップ賞 2020年 レース回顧

競馬予想ブログ JUST

チューリップ賞 2020 回顧【やや短距離型のレシステンシア】ここでハードに攻めるワケには…

読了までの目安時間:約 3分

 

強気に行ったというよりも、スタートがあまりにもスムーズだったがために、簡単に逃げてることができたことが、結果的には仇になったということだろうか。

目標となる相手がはっきりしているから、マルターズディオサはどこまで攻めていくことを押さえつつ、ハーツクライの2頭の場合だと、前回とどういう変化をつけて挑むことにが望ましいのか。

 

あくまでもトライアルで、その上、桜花賞を展望するJF上位組がほぼ総出演の組み合わせだっただけに、思惑様々で、本番を見据えてという展開が、女王・レシステンシアに有利に働くように思えたのだが、本質的な適性がもう少し短いところにあることは明らかなレシステンシアだけが、ハードに攻めることが憚られるトライアルということで、思わぬ追走勢からの逆襲を食らう流れを生んでしまった。

 

時計がハードすぎた暮れの一戦のこともあるし、充実のキャリアが今回こそは活きたマルターズディオサの絶妙な追撃が、今回は決まった形。

最後は勝てそうだったから、これはねじ伏せてしまえと、やや気負った分だけ本来の決め手を殺したようなところがあるデムーロ騎手のクラヴァシュドールも、味なインからの抜け出しで、今回はトライアルの意味を持った中身のある2着だったが、本気のレシステンシアに敵うのかと言われれば、ちょっと疑問か。

 

勝手に疲れたからと言って、レシステンシアに過度なスピードを求めてはいけない状況で、普通の逃げはできない死角が、本番ではかえって、楽な展開を生むことがある。

4、5着に極端な穴馬が登場し、軽くレースは壊れた印象も、もう一歩成長待ちのようなところがあるウーマンズハート以外にも期待馬がいた中で、それらは総崩れだったから、2月に鮮やかに勝ってきたあの2頭を押さえておけば、JF上位組を中心視で、無駄のない投資が可能という展望も出てきた。

逃げて差せるレシステンシア。強い流れは大歓迎だ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方