新馬戦評価|予想通り抜け出して万馬券を運んだアドマイヤハダル

競馬予想ブログ JUST

新馬戦評価|激走が想定された血統!結果的には追い切り以上の見せつけた

読了までの目安時間:約 3分

 

なんてことはない。
好位抜け出しの良血牡馬が、やや華奢な人気の牝馬を巧みに抑え込んだというレースであって
福永騎手が卒なく乗ったというだけの事で、そんなのは当たり間だから…
と結論付けるには少し勿体ない気もした筆者。

ロードカナロア産駒で母系も古びてなどいない在来牝系であり
ディープの良血牝馬が名門厩舎だったから人気になっただけで
これは案外実力の差を示した、アドマイヤハダル快勝のレースとしても何ら問題のないところだろう。

いつこの世からいなくなるかは神のみぞ知ることと
アドマイヤの冠号でおなじみの近藤利一氏の隠し財産に化けても不思議ではない、ハダルと後に名付けられるこの漏れなく上場前の株を4000万円ほどで購入した理由が、後々伝説となっても不思議ではない。

氏ほどの知見や経験があるなら、スイープトウショウの血筋であることはすぐに分かるだろう。

ただその配合をただ羅列するだけで、多くのファンは興奮するのである。

ロードカナロア×ディープインパクト×ダンシングブレーヴ。

ある程度血統の知識を得てしまうと、レース振りが荒くなったり
反対に特長を消し合ってしまうのではと勝手に想像してしまうものだが
ただ単に、歴史的名馬の系譜を眺めるだけでスイープトウショウの幻影までも引きずり、
様々な可能性を追いかけていくのもまた楽しい。

今日のところは大人しなったアドマイヤハダルが、
このまま普通の中距離型に留まるのかどうか。

血統の価値が変質するような大種牡馬の死を経て、
改めてこうしたわかりやすい配合の馬の実力について、しっかりと注視していきたいと思う。

一方、日曜札幌の2000メートルを2:02.4で逃げ切ったタピット牡駒・バニシングポイントは
間違っても皐月賞には出てこないだろう。

だからといって、ケンタッキーダービーの平均勝ち時計を新馬戦で叩き出した点は褒められて当然。

ただ、全力を出すことを抑えたとてそれが出せてしまうのがボールドルーラー系だとしたら、
あの前脚を投げ出すフォームからも苦しいところから差す形は向かないだろうし、伸びしろには疑問も残る。

↓【注目】白山大賞典の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ :  

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方