2019年競馬ニュース&コメント

JUST競馬予想ブログ

13週連続重賞勝利<ノーザンファーム産馬の勢い止まらず>

読了までの目安時間:約 2分

 

大阪杯のアルアイン優勝を皮切りにして、オークスまでのGⅠを立て続けに制していったノーザンファームの生産馬。

GⅠのない2回東京1週目もフローラSを、ダービーの週は葵Sを制し、安田記念は密かに一発を狙っていたインディチャンプが勝利。

そして、社台ファーム産のサラスが豪快な直線一気を決めた直後に行われたエプソムCは、社台ファーム産の本命馬を破って、4歳馬のワンツーで連続重賞勝利の記録を13週にまで伸ばした。

その間制した重賞は18。

ダービー以外の芝の主要タイトルは誰にも渡さなかったことになる。

一方、コントラチェックがフラワーCを制した週は、日曜日も阪神大賞典を勝っているわけだが、これを皮切りに…、ということは、その前の週は勝てなかったのである。

中山牝馬S フロンテアクイーン

金鯱賞 ダノンプレミアム

フィリーズレビュー ノーワン・プールヴィル

フロンテアクイーンは父メイショウサムソンと同じ、林孝輝氏の生産馬。

金鯱賞はディープ産駒だが、意外にも、ケイアイファームの生産馬であるダノンプレミアムが優勝。

この馬がマイラーズCを制したことで、数では勝負出来ていたフローラSも、実は危なかったのである。

セラピアは社台ファーム産だった。

プールヴィルはサラスとも同じ吉田照哉氏の持ち馬だから、同じところの生まれ。

そして、衝撃の序章を演出したのが、ロジャーバローズと同じ飛野牧場のノーワンだった。

ディープ産駒の絶対数が減れば、当然、他の牧場のチャンスは増すわけだが、キングカメハメハだって、ノーザンファーム産の馬が一番強いことが多い。

この流れはまだ続くのだろうか。



* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方