海外重賞結果

競馬予想ブログ JUST

ディアドラ4着、キセキ3着

読了までの目安時間:約 2分

 

アイリッシュチャンピオンS

土曜の夜、愛・レパーズタウン競馬場を舞台に行われた凱旋門賞の前哨戦・アイリッシュチャンピオンSは、ディアドラ参戦で国内も盛り上がったが、終始安全なところから人気に応える競馬で主役の仕事をこなしたムーア&オブライエンのマジカルに対し、前走のナッソーSも再現を狙ったマーフィー騎手のディアドラが、殿追走から前にも内にも進路を失った直線で、最後は大外から一気の末脚で伸びるも、勝負圏外からの追撃では苦しく、4着に終わった。

次走は未定も、もう一度イギリスの競馬を使う可能性が出てきた。

フォア賞

一方、ディアドラと同期の菊花賞馬・キセキが参戦したフォア賞は、日曜の夜に行われ、スミヨン騎手が自然な形での逃げを選択するも、昨年の覇者でもある人気のヴァルトガイストに直線ではきっちりと捉えられ、4頭立ての3着に終わった。

スミヨン騎手が「もう少し柔らかい馬場の方が合う」と語り、角居師は「逃げ馬の後ろにつけられたら…」とも言うように、前哨戦としては異例の2分27秒台の決着で、ステップレースに終始する格好となった。


三者三様の戦法で挑む日本のステイヤー三銃士は、本質が中距離ベストのタイプだけに、洋芝の時計勝負でどこまで走れるかが課題。

高速の東京、京都で遅いタイムで走っているよりは、宝塚のように最初からトラックバイアスの掛かっている馬場に適応していた方が、後からどうにでもなるという傾向は出ている。

滞在場所を工夫するなどの新たな試みをしている一方で、ディアドラやシュヴァルグランのような長期遠征組に出番がないのでは、実際のところ、本末転倒にも思えるわけだが…、ここは健闘を祈ろう。

 

ニュース

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方