2019年クラシック戦線

JUST競馬予想ブログ

極めて濃密な2分20秒のドラマが展開しそう クラシック最終展望

読了までの目安時間:約 3分

 

オークス路線に関しては、ジュベナイルフィリーズの再々戦ムードに、なんかの時に役に立ちそうな非桜花賞路線組が、なかなかのレベルの馬が揃って、不安定なグランアレグリアがいないことで、極めて濃密な2分20秒のドラマが展開しそうな状況。

万が一にも、誰かさんに何かがあっても、それが複数出た場合に波乱が起きる…、ということはない。

スタートミスがここまで一度もないことが変に引っ掛かるコントラチェックも、丸山騎手が乗った時が一番スムーズだったくらいで、押して出すようなタイプに代わることはない限り、現状でもJF上位組とスピード互角。

ミルコで期待のラヴズオンリーユーも、溜めての爆発力が見えた。

ウィクトーリアはそもそも、平均ペース型の先行馬。

JF上位組と桜花賞で支持された馬は、脚質の幅でも皆似たところがあり、絶対的な脚力を見極める、ファンの冷静な分析力が問われる。

溜めたら、実はダノンファンタジーが一番強い気もするのだが…。

さて、牡馬戦線。

青葉賞は肉弾戦に持ち込んだ横山騎手のリオンリオンがスタミナの違いで押し切り。

ペースを乱されたわけではないランフォザローゼスの迫力は今一つでも、自在性や叩いての良化で、この組の買える馬はやはり限られる。

謎の展開となった京都新聞杯組、さすがに、2000M戦後の中1週は辛すぎるプリンシパル組などは、本当にしっかりとした理由がないと苦しい。

レッドジェニアルもザダルも、昨年激走のコズミックフォース同様、キングマンボとサンデーの掛け合わせで、似た配合ならトーセンホマレボシもいるけれども、正攻法で戦えるタイプではないので…。

もう、あとはダノンチェイサーとトップスリーとの兼ね合いだけが焦点。

キレないのがマイルだと気にならないことは多いが、そこはディープ。

叩き合いに敗れたチェイサーに、皐月3着のキングリーレベルの底力は感じない。

揉まれなければの皐月1、2着馬に対し、内からも外からも差せるキングリーがどの枠を引き当てるか。

騎手の腕が、昨年以上に試されることになる。

おすすめの記事
日本ダービー予想特集



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方