血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

柔らかいディープと硬いディープ

読了までの目安時間:約 3分

 

複雑さのない血統の見た目通りのディープの活躍馬について、少々分析してみた。

【ディープインパクト】

サンデーサイレンス(ヘイロー×アンダースタンディング)×アルザオ<リファール>×バステッド<ブレニム>

ディープ自身がレジェンドでありながら、兄はGⅠ7勝馬の父であり、姉レディブロンドの孫はダービー馬。時代を掴んだ血統馬だ。。

硬質型ディープ

・グランアレグリア

タピット<シアトルスルー>×マーリン<ニジンスキー>

ノーザンダンサー5×(6×6×7)【3代連続ノーザンダンサークロスを継続】

90年代には、ボールドルーラー系の外国産馬がよく芝のビックタイトルを走っていたが、総じて、芝向きのしなやかさがないから、その直系は日本で残らなかった。

その影響を強く受け、豪快な競馬しか今はまだできないことが、ディープの爆発的スピードのマッチングで、パフォーマンスに振れ幅の大きさを抱える死角はあるが、こういうタイプは案外、高齢まで渋といことが多い。

仲間

アルアイン(牡5・皐月賞、大阪杯優勝)

エッセンスオブドバイ<シアトルスルー>×グレートアボヴ<ヒムヤー>

柔軟型の代表例

・フィエールマン

グリーンチューン<ニジンスキー>×ノワエトワール<プリンスリーギフト>

ノーザンダンサー5×5×6【母父グリーンチューンが3×4を内包】

英愛血統より大陸側の独仏血統とは、目先の流行に囚われない分、意外と成功確率が高い。

真の良血というのは、北米、欧州のビッグタイトルを勝ちまくった血との距離感が重要で、ディープはともかく、芝向きのイメージが先行するヨーロピアンニジンスキーやプリンスリーギフトも、代を重ねることで北米血統が入ると、違った可能性を展望できる。

グリーンチューンのBMSはミスプロで米国産馬。

マイルベースの中距離型だから、キングマンボのミニマムバージョンと考えると、こういう結果になることは、予想できなくはなかったか。

仲間

マリアライト(引退・エリザベス女王杯、宝塚記念優勝)

エルコンドルパサー<ミスプロ>×リヴァーマン<ネヴァーベンド>

距離適性が見た目通りなのは、ディープの優秀さの裏返しだ。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方