2019年・日本ダービー(東京優駿)予想の無料公開

現在、このページで令和元年の日本ダービーのレース予想(レース展望)を公開中!

昨年は、自信の◎に推したワグネリアン(5番人気)が1着!!令和元年も馬券名人の日本ダービー予想にご期待ください!

令和元年の日本ダービー予想は5月25日(土)に無料メルマガで配信予定です。ご期待ください。メルマガの無料登録はメールアドレスの入力だけ。配信解除も簡単にできます。

日本ダービー(2019年)の事前レース予想

何を見て、ダービーを論じるのか。

早デビューの才能に対する先入観をなくすところから、ファンの修正は始まる。

6月デビューながら、無傷というこの上ない形容をなされる存在となったサートゥルナーリアは、わずかにキャリア3戦での皐月賞制覇となった。

デビューから最長の時を経て、アグネスタキオンやディープインパクトら、暮れデビューの3戦無敗馬より、夏の新潟1000M<旧コース、ローカル一般の右回り戦>から菊花賞まで負け知らずだったシンボリルドルフよりも、遥かにデビューは早い。

格段に調教技術が上がったと同時に、ダービーだけではなく、クラシック全体を総体的かつ、順序立てて攻略する術を、能動的にだけではなく、受動的にも現実に落とし込むことができるようになった。

個々の才能に合わせつつ、人間が勝手に作った枠に対する過不足のない十全の準備が、サートゥルナーリアとグランアレグリアの成功パターンによって、今確かに確立されたのである。

受動的とはこの場合、馬自身に起こるアクシデントによりレース選択が変更されるパターン。

両ギニーホースにそれは当てはまらない。

道程における勝ち負けでは、×ありなしと別れるが、狙いは全く同じ。

クリアすべき課題を年末までに仕上げてしまう。彼らの場合は、人間の理解した理想形の体現という意味で、能動的である。

ある意味、勝手に思うがままの展開に持ち込めた、という話。

今や普通である、2か月開けローテは、昔はビワハヤヒデもやっていたが、倍近くそれが開いても平気な時代にあって、2月重賞経由者は、もはや凡人の類になる。

しかし、ダノンキングリーもアドマイヤマーズも、クロノジェネシスとビーチサンバらが、完全に終わったわけではない。

鮮やかな東京でのレースぶりは、本番でこそ見劣る結果となったことで、評価急落である一方、第一戦はノーカウントの時代も、今と昔では、時計が速くなったことで、返って先祖返りの傾向にある。

オークス、ダービーを向けての準備。

少なくとも、皐月賞で余裕のローテで挑んだ面々を軽視しては、まず失敗の第一原因になると感じる。

青葉賞は混戦なので、どうせならピンシェルの登場を望む。

JUST競馬予想ブログ「東京優駿展望」

無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」とは

競馬研究歴25年の発行人が重賞レース予想を配信(不定期刊)。創刊から15年、まぐまぐ!殿堂入りの定番マガジンです。

昨年は、自信の◎に推したワグネリアン(5番人気)が1着!!令和元年も馬券名人の日本ダービー予想にご期待ください!

【当メルマガ的中最高配当】
函館スプリントSは、6番人気パドトロワに◎を打ち、→ 1着!
馬 連 ◎―△ 9,040円的中!
馬 単 ◎→△ 2万1,330円的中!
3連単 ◎→△→▲ 16万2,690円的中!

■無料メールマガジン「馬券名人養成プログラム」の登録方法

メルマガのご登録はこのフォームにメールアドレスを入力してボタンを押すだけ。ご購読はもちろん無料です。

登録 メールアドレス:

■日本一のメルマガ「まぐまぐ!」の公式マガジンにも執筆!

重賞レースの有力馬解説を公開するメールマガジン 『馬券名人養成プログラム』 は、「まぐまぐ」や「まめ〜る」などを通じて、 毎回 3,000名以上の読者様に配信しております。

筆者は、まぐまぐ!の公式マガジン「競馬のまぐまぐ!」(約20万部発行)に予想記事を執筆させていただいた経験もあります。殿堂入りメールマガジンとしても認定されております。

これまでの日本ダービー予想と結果

過去の「日本ダービー(東京優駿)予想」上位入線馬

過去4年間にメルマガ公開した日本ダービーの予想を下記のページに掲載しました。さて、今年2019年の日本ダービーは?
>> 2018年 日本ダービー(東京優駿)の予想公開
>> 2017年 日本ダービー(東京優駿)の予想公開
>> 2016年 日本ダービー(東京優駿)の予想公開
>> 2015年 日本ダービー(東京優駿)の予想公開

過去の「日本ダービー(東京優駿)」上位入線馬

2001年 1着ジャングルポケット 2着ダンツフレーム 3着ダンシングカラー
2002年 1着タニノギムレット 2着シンボリクリスエス 3着マチカネアカツキ
2003年 1着ネオユニヴァース 2着ゼンノロブロイ 3着ザッツザプレンティ
2004年 1着キングカメハメハ 2着ハーツクライ 3着ハイアーゲーム
2005年 1着ディープインパクト 2着インティライミ 3着シックスセンス
2006年 1着メイショウサムソン 2着アドマイヤメイン 3着ドリームパスポート
2007年 1着ウオッカ 2着アサクサキングス 3着アドマイヤオーラ
2008年 1着ディープスカイ 2着スマイルジャック 3着ブラックシェル
2009年 1着ロジユニヴァース 2着リーチザクラウン 3着アントニオバローズ
2010年 1着エイシンフラッシュ 2着ローズキングダム 3着ヴィクトワールピサ
2011年 1着オルフェーヴル 2着ウインバリアシオン 3着ベルシャザール
2012年 1着ディープブリランテ 2着フェノーメノ 3着トーセンホマレボシ
2013年 1着キズナ 2着エピファネイア 3着アポロソニック
2014年 1着ワンアンドオンリー 2着イスラボニータ 3着マイネルフロスト
2015年 1着ドゥラメンテ 2着サトノラーゼン 3着サトノクラウン
2016年 1着マカヒキ 2着サトノダイヤモンド 3着ディーマジェスティ
2017年 1着レイデオロ 2着スワーヴリチャード 3着アドミラブル
2018年 1着ワグネリアン 2着エポカドーロ 3着コズミックフォース

昨年(2018年)の日本ダービー(東京優駿)レース回顧

驚きが二つ。 直前の条件戦で、2:22.9が出てしまったこと。 もうひとつ。戸崎圭太がダービーのペースを作ったこと。

ダービーのタイムは馬場状態を考慮すると平凡もいいところだが、サプライズはもう一つあったということか。

「最後のワンピースは自分のベストライド」

福永祐一の悲願は、大外枠の差し馬という最大の課題克服を、結果として楽な外目の追走からの先行勢追撃に、スタートの素晴らしさで可能とし、見事にミッションをクリアするという自分のやるべき仕事をした結果により、ダービー制覇へと繋がった。

エポカドーロの戸崎騎手も、結果的には勝負に勝つことになった福永騎手も、牝馬でなら信用できる騎手なんだけどなあ…、のタイプで、もう少し意地を見せてほしいとみんなが思っていたところで、今年のこの結果。

強気で鳴らしてきた剛腕系の騎手も、当然乗れる、追える外国出身の両騎手も、真ん中の枠で不気味に牙を研ぐ歴史的名手らの出番はなく、代わりに、極端に人気を落としたトライアル勝ちのコズミックフォースに乗る石橋脩騎手が上位に入線。

みんなやるじゃないか。

本命党には到底手が出せない馬が絡んできて、上位人気総崩れはちょっと残念だったが、福永騎手のやや感情的なインタビューは印象深い。

冷静さを失わせるのがダービーである。

ディープインパクトやキングカメハメハ、その他数多の名馬を所有した金子真人さんが、祖母ブロードアピールのオーナーであることにも驚きつつ、マカヒキでダービートレーナーになった友道康夫調教師と、ここは福永祐一に何とかしてもらわないと、という執念が、実は好スタートを切った時に、プレッシャーとならなかった部分があるのは確かだろう。

全ての不安は頭から消え、勝ちの拘る乗り方だけに終始した。

十分に力ではワグネリアン辺りなら好勝負に持ち込める皐月賞馬のエポカドーロとて、距離不安があったのは事実だから、下げても面白かったのだが、持ち味を殺さない乗り方をダービートレーナーの藤原英昭調教師ともに、煙幕も張りつつ、計画通りに遂行したのかもしれない。

負けてはしまったが、青嵐賞のような同着ゴールは難しいから仕方ない。 連勝中の戦いは簡単ではないし、ダノンプレミアムもこの流れであれば、スタミナ云々はない。

その代わりに、上手に競馬できる馬だからこそ、最内枠で好位のインは、スローペースではやや不利になった。

反面、ほぼ勝つ馬と同じ位置にいたブラストワンピースという素晴らしい対抗馬も、ワグネリアンと福永騎手の勝ち気の騎乗で、少し勝負所で自由に動かせない位置に押し込められた。

この辺りも、実力は負けていない上位2頭がわが道を進むための競馬に徹したことで、ツータイミングほど置かれてしまったのである。

いつも違うことが起きる。それはダービーだから。

出来はともかく、さすがに適距離よりは長そうな印象のあったダノンプレミアムがキレ負けするのは仕方ない。

キャリアが浅く、仕上げの難しい面が、この余裕のローテになったブラストワンピースも、プラスの10kgはさすがに究極の仕上げだったとは言い難い。

キレを究極にまで引き出す調教が施されたワグネリアンに対し、無傷という戦績は、まだ若手の調教師の本来の技量の高さを鈍らせたのか。

調教は素晴らしかっただけに、クラシックの難しさが凝縮された結果と、ここは納得したい。

それにしても、あの福永騎手の積極的な騎乗は、本当に久々に見たものだ。

かつて、10年程前は前週のオークスで頗る冴えわたる好騎乗で毎年のように好結果を残し、自称オークス男とローブデコルテで勝った時には、表彰式に向かう去り際にわざわざ口にしたことが、印象に残っている。

あれから11年が経ち、自身の立ち位置が危うくなっていることを皆に指摘されるまでもなく理解する彼が、結果で存在感を示したのは、きっとその時以来である。

主戦であったジャスタウェイも、国内のあとのGT勝利は柴田善臣騎手でのもの。

満を持して勝負すべき場面で、真の意味で価値ある勝利を挙げることに成功した彼が、遅ればせながらダービージョッキーになったことを一ファンとして祝福したい。

ワグネリアンの勝因は、自身にそれを求めるなら、弥生賞の強い2着でも東スポ杯でもなく、デビュー戦の中京で繰り出した上がり3F32.6秒の決め手が、ダービーに勝った時に、特別抜けた数字ではない34.3秒の末脚に凝縮されていることか。

こういう能力を秘めている馬は、たいがいは先行馬だが、弥生賞の厳しい差しての2着で、馬がタフさを備えたのだろう。

こういうことが起きるのがダービー。 だから来年も、またびっくりするようなことが起きるだろう。