ステイヤーズS 2019年 予想

競馬予想ブログ JUST

ステイヤーズS 予想 – メイショウテンゲンの意外な中山適性を買う

読了までの目安時間:約 3分

 

冬時間。手頃な頭数。かつてのスター。

GⅠ馬は東西ともに登場も、こちらは中山の障害で無敵の馬。

となると、コーナー8つの競馬は合うのでは、と思う人も多いだろうが。

仕掛けのタイミングが例年以上に難しい組み合わせに思うステイヤーズSは、そのオジュウチョウサンのギアチェンジのスムーズさがポイントのレース。

ただ、直線は短い。瞬発力のある芝の重賞級には、理想のラビットみたいな存在となる。

メイショウテンゲンの母とは違う、意外な中山適性を買いたい。

動くに動けない不器用さと気難しさの混在により、弥生賞快勝後は、ダービーこそ中身はある競馬も完敗。

一方で、菊花賞でこれまでになかった前向きさを押していくことで位置取りで示せたため、ものの見事に失速。

難しいところはあるが、そこは母も主戦であった池添騎手の理解度に期待。

連続好走など阪神・京都の移動楽ちんの連戦くらいでしかなかったベルーガの仔。

未勝利勝ちは真っ直ぐ走らずとも屁でもないという内容だったが、そのスケール感はきさらぎ賞ではなく、東上初戦の中山で炸裂。

当日は良馬場だろう今週の競馬とは、その雰囲気がまるで違うはずだが、求められる直線の末脚がそっくり。

我慢を重ねて、スムーズに動けるか。今回は位置取りに凝る必要もない。

この相手なら、決め手は上位だろう。

押しても引いても2着ながら、少しずつ上手さが加わってきたサンシロウは、未だ旧500万2勝を含む3勝馬で、2勝クラス。

芝2000M以上で7連続連対は尋常ではない。この特殊な条件で、コーナーは多い方がいいタイプ。

今回ばかりは、上のクラスの馬と同格に扱える。

そういう馬にこそ、勝浦正樹は適役である。

サドラーズウェルズが久しく縁のないレースだが、時計が速い想定は見えないメンバー。

端から中距離型の阪神で期待するテリトーリアルとは違い、特殊な展開や条件がその血の爆発力を引き出す。

今回のそれは、元王者の悪あがきに近い抵抗によってもたらされる、レースレベルのアップだろうか。

◎メイショウテンゲン

○サンシロウ

▲ララエクラテール

注リッジマン

△アルバート、チェスナットコート、レイホーロマンス

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方