競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

グランアレグリア次第では困ります<3歳牝馬戦線予測>

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のクラシック路線で活躍した牝馬軍団が、今、結構苦しんでいる。

いや、リリーノーブルの復帰断念に象徴されるように、ミッキーチャームなどもそう。

ラッキーライラックは何とかメンツを保っている感じは醸し出しているが、後はほぼじり貧状態。

今年のヴィクトリアマイルは4歳馬のワンツーだったが、共に、三冠路線では勝負圏外の2頭であった。

伏線ははっきりと出ている

リスグラシューのような雌伏の時を経て…、というタイプは少ない。

彼女も世代最初の牝馬重賞のウイナーだ。

今年はそれがシェーングランツということになるわけだが、例年よりもこの組の神通力があまり効き目を表していない。

よく考えると、昨年もラッキーライラックは本番で人気以上は走らなかった。

その前に重賞を勝っていたグランアレグリアと重賞未勝利の身でGⅠ馬になったラヴズオンリーユーが活躍する年。

簡単な読みなど存在しない一方で、人気馬は強い

阪神JF組の神通力も、昨年のアーモンドアイ三冠により、ほぼ無力化の趣。

その他という概念は一体、ミッキーチャーム的な古典的3勝馬の激走への期待なのか、はたまた、リスグラシューみたいな馬の再評価に力点を置くべきか否か。

少なくとも、秋華賞の勝ち馬のレベルはほぼ安定化していると言える。

オークス出走馬 7勝

上がり馬 3勝<全て古馬相手に勝利/非ローズS組>

オークス組は直行かローズSステップが理想。

そういう組が多いローズSを回避した方が、上がり馬には有利。

上がり馬のローズS組は3着までという傾向。

勝者は全て、マイルを超える距離での重賞連対か古馬相手に勝利した記録がある。

既存勢力からは、

コントラチェック

ウィクトーリア

といった、中山で強い競馬をしていたグループの活躍を期待したい。

これらが実質チャンピオンに座すグランアレグリアと互角に戦える可能性は、大いにある。

春のトライアル好走馬やその人気上位馬の好走例が、秋華賞ではとても多いからだ。

 

タグ :   

コラム

2歳馬選定<アドマイヤマーズほか>

読了までの目安時間:約 3分

 

何はともあれ、16年生まれ世代の初重賞から振り返る。

函館2歳S

ダート勝ち上がりの馬や1800勝ちの馬が先行勢にいて、上がりを要する厳しい展開になった。

とはいえ、新馬快勝のアスターペガサスとナンヨーイザヨイに明暗が分かれたのは、明らかに、揉まれ強さの差だったか。

両者とも、前を追いかける競馬を経験しているが、勝ち切ったアスターペガサスは時計こそ出せなかったが、新馬戦では自力で後続を突き放していった。

序盤のリズムが勝者は経験済みで、ナンヨーには我慢のいる展開になり、いかにも危うい若駒のわずかな経験値の差が、結果を大きくわけた一戦であった。

注目馬が登場のこのレースも。

中京2歳S

終始外から追走のアドマイヤマーズが、素晴らしい手応えのまま直線に。

少し前を行くエイシンゾーンも同じ週のマイル戦で鮮やかに新馬勝ちしていたが、人気の通り、最後は底力の差を示し、大外を突き抜けた。

ヘイローの3×5×5というあるようでない継続クロスが掛かっていて、早熟に出るとかなり難儀な存在になるが、さてどうなるか。

その他、主な期待の新馬勝ち馬は、

6月

1400以下

6/9 阪1200 アウィルアウェイ(牝)ジャスタウェイ

1600以上

6/2 阪1600 ジャミールフエルテ オルフェーヴル

6/3 東1600 グランアレグリア(牝)ディープインパクト

6/9 阪1600 サートゥルナーリア ロードカナロア

6/17 阪1600 ショウリュウイクゾ オルフェーヴル

6/24 東1800(重) アンブロークン ヴィクトワールピサ

7月

1400以下

7/1 福1200 パイロテクニクス パイロ

7/14 函1200 ジゴロ パドトロワ

7/14 名1400 ローゼンクリーガー(牝) ノヴェリスト

1600以上

7/8 名2000(重) カテドラル

7/15 函1800 アフランシール(牝) ハーツクライ

7/22 函1800 ウィクトーリア(牝) ヴィクトワールピサ

〃   福1800 ポリアンサ(牝) ハービンジャー

当面の注目馬は、

牡馬 アドマイヤマーズ

牝馬 ウィクトーリア

近年のトレンドである母父ヘイローのマキャヴェリアンの血が入ったサンデー系2頭の成長力に期待。

 

タグ : 

コラム

新馬2018 <7/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

信じられないほどの晴天続きで、恐ろしいほどの高温にグロッキー状態のファンも多いことだろう。

いつもは雨の多い時期に、いつも通りのタフな決着は続いたのは、その気候の影響もあるのだろうか。

土曜は福島、中京で2鞍ずつ。

ただ、あまり身のある結果だったとは言い難い。

中京は1600では、キングカメハメハの孫が上位独占。勝ったルーラーシップのドラウプニルの正攻法の抜け出しがまずまずだったが、この距離があっていそうな馬が少なかった印象もあり、評価は難しい。

1400の方は、完全なる一騎打ちを先手を打って終始競り勝った人気のジョニーズララバイが勝利。

これもマンハッタンの男馬なので、アマゾンウォリアー系である点も踏まえると、気性面に課題があるということになる。

双方、いい騎手が乗っていたので、強く見えすぎた可能性もある。

福島の2000M戦は、マウンドロブソンの全弟・ボスジラが人気に応える競馬で勝ち上がり。

掴みづらいようでディープらしいしなやかさがないことが特徴であるから、時計勝負への対応力が今後は問われる。

1200戦の勝ちタイムは、良馬場にして驚異の1:13.8。

3Fから12秒台のラップだけというのも衝撃的だが、逃げ切りのルメッサージュは、ヨハネスブルグ牝駒なので当たり前と言えばそうなる。

日曜は中距離戦がそれぞれで組まれた。

中でも、函館1800で1:48.3を叩き出し、上位3着馬がレコード走となった一戦を、圧倒的なスケール感で逃げ切って見せたウィクトーリアの強さは、桁違いであった。

ヴィクトワールピサ×ブラックエンブレムで、岩田騎手騎乗。ミスプロが3代続けてクロスした配合に相応しい4段階加速の内容は、クラシック直結の底力を見せつけられた印象。

そのせいもあり、ゴール前大接戦の中京2000勝ちのソルトホープ、外からしっかり伸びた福島1800のポリアンサなど、ディープブリランテ、ハービンジャーの期待馬の登場も、やや霞んでしまった。

ウィクトーリアは体質の弱い系統なので、何とか小島茂之調教師にはいい仕事をしてもらいたいところだ。

 

タグ :

レース回顧