競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

どこにも頼れるものがない<3歳牡馬戦線予測>

読了までの目安時間:約 3分

 

春のクラシック二冠路線で、大幅な上位馬の入れ替えや新興勢力の登場というのは、決して、レベルが低いから起きるものではないとされる一方、3強が3強と確定された状況で、伏兵の台頭を許した場合、突如として、その世代の勢力図が一変し、生き残りを懸けたサバイバルの様相を呈するということは、歴史上何度となく起きてきた。

おまけに、距離不安を匂わせた皐月賞馬・サートゥルナーリアと凱旋門賞参戦予定だったロジャーバローズが引退してしまったという状況なのだから、あとは2、3着馬の方から…、とはいかなさそうな今年。

ダノンキングリーは早々に、東京への適性なども含めて、毎日王冠から古馬との戦いに挑むというローテを発表している。

ヴェロックスだけで勝負になるのか、否か。

それも神戸新聞杯次第だし、ある意味、サートゥルナーリアを完封すれば、ほぼリーチとなることは見えている。

今そのことを考えても仕方がないから、例えば、福島で快勝のブレイキングドーンや条件馬ながら3勝のオセアグレイトなど、脈ありの別路線組の選定を本格化させていった方がいいのは間違いない。

近年3勝以上で馬券になった上がり馬は<非重賞連対馬の意>、

18③ユーキャンスマイル<10人>

17③ポポカテペトル<13人>

14③ゴールドアクター<7人>

13③バンデ<3人・11.5倍>

10①ビッグウィーク<7人>/③ビートブラック<13人>

09①スリーロールス<8人>

上がり馬では2勝馬でも、フォゲッタブルやレコードホルダーのトーホウジャッカルなど、見どころのある馬はいるが、純粋に、トライアル以外から来た面々は、3勝していないと、そもそも出てこられない。

しかし、抽選さえ突破してしまえば、今後の出世の足掛かりとなる。

その代わり、関西圏のローカル開催か阪神、そうでなければ新潟や札幌を経ていないと来ていない。

中山はセーフだろうが、福島組はラジオNIKKEI賞好走というのが、一つのファクターになるわけだが、勝ち馬の戦績は振るわない。

 

タグ :  

コラム

サートゥルナーリアほか クラシック展望①

読了までの目安時間:約 3分

 

サートゥルナーリア、ダノンファンタジーらの将来性、アドマイヤマーズとそれに敗れたグランアレグリアらの距離適性とクラシックディスタンスへの順応性の伸びしろのようなものが、ある程度把握できた暮れのビッグマッチで明らかになったことは、

「既に、これはトライアルであった」

ということ。

何しろ、6月デビューの馬がこの4頭の中で3頭、夏の中京開幕週でビューのアドマイヤマーズに至っては、返す刀で同開催のオープン特別を快勝し、世代最初のオープン馬になっている。

だから、クラシックなりNHKマイルCの前哨戦群の一つとして、かつては本番ではない、東京スポーツ杯やら旧ラジオNIKKEI杯、牝馬で言うところのファンタジーSがそういう機能を持っていたのだが、さらにそれがグレードアップした形で、今はGⅠがはっきりと来春を展望する鏡になったと言えるのだ。

朝日杯が阪神に移って以降、ジュベナイルFが桜花賞に直結したように、クラリティスカイ、ボンセルヴィーソ、一昨年の上位3頭がトライアル総なめ、4着ケイアイノーテックがマイルC優勝というように、皐月賞だともっと成長力を示さないといけないのに対し、マイルCでは十分に上位争いの根拠となる底力が反映される結果になることが、わかりやすく明示されてきた。

11月以降デビューの馬でも、春の内に間に合うことはなくても、有馬記念で活躍のブラストワンピース、キセキはそういうグループに入ってくるし、その前の年の優勝馬は有馬3年連続好走で菊花賞馬でもあるキタサンブラックで、これが明けて東京のデビュー。

両極端である一方、最初から才能のあるタイプに向く春のタイトル戦に、秋デビューの馬では対応しきれないことが見えてきた。

ニシノデイジーを超えろと、クロノジェネシスより前で勝負を、が標榜の今春の争い。

サートゥルナーリアにはスタミナ勝負を持ち込み、ダノンファンタジーには前が受けても競り負けない二枚腰が必要。

フェアリーS登録のタニノミッション、コントラチェックら良血馬、京成杯参戦見込みのカテドラル辺りに、週末は期待したい。

シンザン記念組では荷が重い。

 

タグ :       

コラム

サートゥルナーリアほか 2歳馬総括<牡馬編>

読了までの目安時間:約 3分

 

締めはサートゥルナーリア。

朝日杯制覇のアドマイヤマーズ。

ずっと昔の話のように思える、夏の関西圏で行われた出世レースの新馬戦を制した無敗馬である。

何の変哲もないストーリーであり、ここだけは譲れないとばかりに、ミルコ・デムーロが意地の2歳タイトル連覇を決めたことでもわかるように、こうしないといけないという縛りが、彼のプライドをくすぐり、大団円になったと考えるのがいいファンの捉え方となる。

意地汚く勝負弱い筆者からすれば、ルメールのグランアレグリア、福永のブレイキングドーンと、納得のポジショニングからの???という感じの直線になったことが、ミルコの腕だけで果たしてそうなるものかと、ちょっと懐疑的になったものだが、今にして思えば、デイリー杯の優勝馬と特Aクラスの京都オープン・萩Sのそれぞれ覇者が、毎年必ず登場するサウジアラビアロイヤルC優勝馬や京都2歳S2着馬を破ったのだ。

無敗でGⅠに挑む点で、グランアレグリアとの相違点を見出すことは難しいが、それが3連勝でGⅠに向かう馬は、そう多くは登場しない。

ましてや、2、3歳重賞の主幹的位置づけのハイレベルなレースである。

年によってバラつきのある敗者の出ていたレースとは、根本的に違う。

同時に、何かと取捨に抵抗感のようなものをもたらした札幌2歳S組が、筆者の推したナイママを除き、その後も大活躍。

その時の本命はウィクトーリアだったが、まだ2勝目はお預け。

ニシノデイジーやクラージュゲリエは、まだまだクラシック本戦における注目馬である。

きっと、ミルコはサートゥルナーリアを選ぶことだろうが、ピンポイントでハイレベルな外国人騎手も来るし、物足りない陣容というほどはJRA勢も見劣っていないから、アドマイヤマーズの地味ながら確実に前を捉える巧みなレース運びも、あまり馬鹿にできない。

皐月賞までホクホクのデムーロ騎手にとって、実際のところ、自身のモチベーションが一番の懸念材料であることは、今やけにインタビューの時に声が高いことからも、自覚するところであるはずだ。

クリストフにはなれないミルコの武器は、やはり、類まれな集中力である。

 

タグ : 

コラム