キングカメハメハ 血統

JUST競馬予想ブログ

偏り

読了までの目安時間:約 3分

 

キングカメハメハは芝の一流馬ほど、春に良績が偏る。
上半期に二年続けて重賞を2勝したトゥザグローリーに、15年の同期間重賞4勝のラブリーデイ、初GⅠ勝利がシーズン末期の晩春の香港だったルーラシップ。
それに春二冠、秋はほとんど走ったことのない名血の天才・ドゥラメンテがいる。
いずれも社台の飛び切りの良血馬で、行く末は種牡馬になることが約束されていた馬。

結果的に、春の内に燃え尽きたキングカメハメハ自身と似たような性質を、活躍する馬ほど体現していくのである。
思えば、アパパネもレッツゴードンキも春がよかった口。
ダート馬は意外とホッコータルマエが飛び抜けて活躍していたくらいで、芝の方が大物が多い特性があって、その点が事実上の全国リーディングを後押しする要素になっているのかもしれない。
地方に回るいい血統ではない馬に求められるのは、やはり馬力型である。
サンデーの血をうまく活用できるからこそ、芝のメインステージこそ最高の舞台といえるキングカメハメハの死角は、馬力がありすぎることでオーバーヒートを起こすという脆さ。
しなやかに走れる馬は少ないので、結果として、その他はダートが合うという形に収まるのであろう。
レッツゴードンキはダート馬の多いマーベラスサンデーが肌という血統。印象と違わず、兼用馬として勝ちあぐねる日々を送っている。

実はその逆が、母父ディープインパクトなのだ。
今年はついにその日がやってくるかもしれないが、サンプルが少ない影響か、未だ母父で重賞級は出ていない。
キングカメハメハとの逆配合では、大物であるデニムアンドルビーが出ているものの、あまり相性が良くないのか、成功するイメージが今のところ湧いてこない。
桜花賞馬がかなり多いディープだから、スピードのある馬が出るのが普通。
その個性がよく似ているから、ここまでは成功していないのだろう。
サンデー×ノーザンの座りがよかった場所は、マイル近辺のGⅠであった。
よく似ているからこそ、本質的な能力が求められる舞台に収束していくのかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方