血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

解血策

読了までの目安時間:約 2分

 

この秋は、総合力の問われるGⅠレースが多い。
その結果を精査するため、方向性を定めて掘り下げていく中で、血統的見地から解析するのが最も合理的なのではと感じた。
春より種牡馬の偏りはないから、個体差を明確化しやすい側面もある。

今、主要血脈を形成するエクリプス系を大まかに3分割し、その分配率がパフォーマンスにどのように影響するのかを研究している。
事のついでに、そのリトマス試験紙を使って、傾向分析をしてみようと思う。
3枚の用紙の概要は、
ハイぺリオンを送り出し、健康なままタフな競馬に連続参戦することを可能にしたハンプトン系と、
時代を席巻した血筋が最後に残した超ド級の底力を持つリボーの源泉たるセントサイモン系。
そして、ファロスーネアルコのラインを中心に様々な国でチャンピオンサイヤーを送り込むメジャー系統のファラリス系の3種類。

春の時点では、セントサイモンの絡みが少なくて、ハイぺリオンやファイントップの系統が5代以内に入っている馬が多く活躍した。
が、秋はセントサイモン系の入っていない馬が、スピルバーグとラキシスしか勝っていない。これ、時計が遅かった2戦。

コパノリッキー・ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリー・ジャスタウェイら5代以内にセントサイモン直系のない春の主役たちは、これらもやや時計を要する展開で底力を示している。
アウトセントサイモンの共通点である、時計が少し速いと負けてしまう性質がよく表れている。同時に、ファラリス系の融合性も比類なき者であることを実証している。

中山と阪神の急坂コースでのGⅠが2つ残る中、この傾向が変質する可能性は大いにある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方