血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

鬼が笑った日

読了までの目安時間:約 3分

 

宝塚記念といえば、ステイゴールドである。
今更、それを立て続けに強調する意味はないように思うが、弟のオルフェーヴルのことにも触れないといけない。あの歴史的大復活の奇跡を再考する。

未だかつて、GⅠ惨敗後のこれまたGⅠでGⅠ馬が、それも三冠馬であるのにも拘らず、希望的観測による過剰にして妥当な支持に、納得のいく形で応えられた馬など記憶にない。
思えば、伏線は3歳春の前に使った京都にあったように思う。
好時計とスローペースに阻まれた賞金加算は、天災の副産物によって無事成功したわけだが、速さを問われた時の危うさは、最近の名馬とされた者との比較では、押しなべて、中くらいの速さだろうと評価をされる点からも、遅い競馬の時の強さとは別馬に見えるほど差がある。

ステイゴールド産駒は総じて、フェノーメノも本質的には東京と京都を得意としない。
その代わり、中山か阪神にツボを持っている。
が、オルフェーヴルのその振れ幅の大きさは、好き嫌いの次元では到底測れないものだった。
春の香港で本物であることを示したルーラーシップやお友達?のウインバリアシオン、ショウナンマイティやエイシンフラッシュなどGⅠ馬も計5頭いた中で、馬込みから豪快に抜け出す彼らしい迫力が、このレースで戻ってきた。揉まれたことで、走る気持ちも復活した。

もう一つ、同じく三冠馬のディープインパクトが勝って以降、例年通りの傾向であるクラシックホースが苦戦する傾向が続き、前年まで5年間1番人気が敗れていたのも止めた。
それら悪い流れを一気に断ち切れるのは、もうオルフェしかいなかったのである。

殊更強調して…。しかし、ゴールドシップにも通ずるこの血の因縁は、1番人気になる馬の明暗そのままを表している。
そんなオルフェーヴルは、しかし、ロンシャンでまたしてもやらかすのであった…。
人の期待に応えるために走っているわけではない彼のことを、にやけながら仲間に迎え入れようとする鬼の姿が目に浮かぶ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方