国外GⅠの馬券発売

競馬予想ブログ JUST

馬券の資金と理念

読了までの目安時間:約 3分

 

2016凱旋門賞から始まった国外GⅠの馬券発売。
マカヒキの支持率、それに関連した買い目の売り上げ等々、今後に向けた課題であり教訓であったりという、ある意味で最も憂慮された、心情だけでは動かされてはならないコアな部分の影響に関しては、もっと数を重ねて、日本馬がいない時にこそ、それぞれの考え方が反映されることになっていくわけだから、現状で論点にはなり得ない。

それでも、馬券マイスターのパートⅠ国・日本において、普段から見慣れたもの以外に、若干嫌厭の感情が生まれて距離を置いてしまいがちな国民性に、少なからず、立ち向かうという姿勢を根付かせる効果は、一定程度見込まれるだろう。
35年前に現役の外国馬を受け入れることを選んだジャパンCの創設から、日本の競馬は、馬にとっては内弁慶、騎手に関しては反対に舶来至上主義化しつつある。
やや度を越したその相反する2つのファクターが、幾らかでも平準化されるきっかけにしたい。

どうせなら、JRAが主催する興行であるなら、敢えて、自己申告制をとりながら、海外のレースに関しての身内の馬券購入容認くらいの柔軟な対応は、あって然るべきなのではないだろうか。
国外で奮闘する日本の馬のことは、日本人は応援するのだ。
勝手に馬券を売ることに、相手の主催者は関知していない。道義的問題は発生しえない状況に思うのだが、どうだろうか。

しかしだ…。
度を越したという意味では、身の丈に合わない勝負の仕方は、これを以って慎むべきとも思う。
どこにでも馬鹿野郎はいるもので、的中という名の麻薬に毒されたスリルを味わうためだけの大博打を、楽しむわけでもなく、病的に憑りつかれるが如き、不毛な行動を続ける人間が、WIN5の高配当の連続などで今後増えないとも限らない。

先日、身の丈に合った高級時計の購入に考え巡らせる同級生の姿を、傍から見て思ったのだが、
「自分が稼げる額以上の見返りを求めてはならない」
と、つくづく感じたものだ。
海外のレースで少頭数になりがちだからといって、あまりにも馬鹿げた大勝負をしてしまうのは愚の骨頂。
ファンもまた、競馬先進国の優秀なる識者でなければならない。



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方