プリンシパルステークス組

競馬予想ブログ JUST

プリンシパル爆弾と裏スジ

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のコズミックフォースの激走が記憶に新しい、全くもって忘れられたトライアルホースになることが大半のプリンシパルS組。

ダービー2、3着馬は数少ないものの、強烈なレースにおいて、その存在感を示している。

96①→② ダンスインザダーク<1人→継続>

98②→③ ダイワスペリアー<7人→15人>

02②→③ マチカネアカツキ<4人→6人>

09②→③ アントニオバローズ<1人→8人>

18①→③ コズミックフォース<1人→16人>

ダイワスペリアーは、後にメジャーがそうなったように、トライアルまではローテがハードになることも考えて、ダートを中心に使われたリアルシャダイの産駒。

マチカネアカツキは東スポ杯とRたんぱ杯2着で、ダービーは叩き2戦目。

前後して考えると、画期的裏ローテの先駆者である。

ダンスインザダークはそもそも、皐月賞を使えなかっただけであり、東京を使うということを優先した面もある。

全ては武豊のために、そして、自分が勝つために…。夢は最終的には叶ったわけだが…。

近2例は、共に地味にダービーに繋がってくることの多いシンザン記念と京成杯の好走馬。

しかし、この5例に絡む名馬物語は、彼らが輝かないにせよ、強烈なレースと評するに相応しい歴史的熱戦の当事者になっただけでも、価値が大いにある。

フサイチコンコルドとスペシャルウィーク、スペシャルウィーク産駒のリーチザクラウンらで挑んだ、武豊史の一端が見られるダービー物語。

そして、怪我から復帰した直後に勝ち切った最初のGⅠタイトルとなった02年のタニノギムレットと歩んだハードな春。

唯一、ユタカ騎手が関係していない昨年のワグネリアンの時も、父の主戦だったことに加えて、母、母父、母母での騎乗経験もある金子ブランドのデザイナー的役目を担っていた点では、縁がないわけではない。

その後ダービー5勝の武豊騎手が、有力馬に乗っている時に来るのだとすれば、彼が打ち立てた金字塔を塗り替えるようにして、それを建て替えてしまったルメール騎手が、昨年の勝利騎手だったことも、何かの因果があるのだろう。

参考:日本ダービー予想



* * * * *

当ブログのメイン予想をメルマガで【前日先行】配信

当ブログの重賞レース予想は、下記のように大穴馬券をコンスタントに的中させております。2019年的中例
11/9 武蔵野S◎-▲で馬連2万1,070円
11/4 アルゼンチン共和国杯◎→△で馬単5,590円
9/16 セントライト記念◎-▲-△で3連複1万0,190円
8/31 札幌2歳S○→△→◎で3連単8万9,460円
8/10 エルムS◎→△で馬単1万4,490円
7/7 七夕賞○→▲→◎で3連単17万2,290円
 他に、マーメイドS 馬単3万3,680円、日本ダービー 馬連1万1,200円、CBC賞 3連単1万6,300円なども的中。


G1などメイン予想は無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」で土曜日に先行配信しております。

メルマガを無料登録する

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方