競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダービー・未勝利血統<GⅠ連対馬について>

読了までの目安時間:約 3分

 

21世紀以降のサンデー産駒以外の敗者について、目立つ存在を送り込んだ種牡馬の悲哀を、少し振り返っていく。

<産駒未勝利>

フジキセキ ドリームパスポート、イスラボニータ

スペシャルウィーク インティライミ、リーチザクラウン

シンボリクリスエス エピファネイア

ダンスインザダーク ザッツザプレンティ

マンハッタンカフェ ジョーカプチーノ、ヒルノダムール<09③アントニオバローズ>

<ロードカナロア>18⑧ステルヴィオ

<オルフェーヴル>18②エポカドーロ

<ハービンジャー>17⑦ペルシアンナイト

<勝利した産駒がいる種牡馬>

ディープインパクト<3勝>

キングカメハメハ<2勝>

ハーツクライ

ステイゴールド

キングズベスト

ネオユニヴァース

アグネスタキオン

タニノギムレット

衝撃的な存在となったディープインパクトが、サンデーサイレンス最良の後継種牡馬になるだろうことを皆で確認したあのダービーから、僅か6年した後のダービーには、オルフェーヴルがいたから目立たなかったものの、4頭の産駒を送り込んだ。

翌年は人気馬を多数送り込み、1、3、4着と大爆発した。

以降連覇を含み、3頭のダービー馬を誕生させたのがディープインパクト。

幻の、世代最強の、遅れてきた…、もはや慣用句のような名馬についてくる枕詞を授かった方々は、得も言われぬ、不遇とも評せるような惜敗のダービー史を刻むことになった。

思えば、ダービー馬は前記5頭の内、スペシャルウィークだけ。

あれだけ強かった彼でも、武豊の力を借りて、ネオユニヴァースの仔に遠く及ばなかった時のことを、ちょっと感傷的に記憶しているのは、筆者だけではないだろう。

1度目はディープに5馬身つけられ、2度目はあの時対抗馬に乗っていた横山典弘騎手に4馬身離された、それぞれ2着。

が、ダービー優勝後の武豊騎手は、オークスに勝てなくなった。

それを強奪したのがSW産駒のシーザリオであり、シンクリとの間に生まれたエピファネイアをダービーで負かしたのがディープ産駒ということでも、この物語が上下巻になるほどの厚みを持つ。

ダービーは武豊のものだからこその、サイドストーリーでもある。

おすすめの記事
日本ダービー予想特集



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方