競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

ダービー・名手たちの涙<10回以上騎乗>

読了までの目安時間:約 3分

 

平成30年間で勝利した騎手について、屈辱と歓喜の狭間にあるものを、じっくりと考察をしてみたい。

勝利者の連敗記録<1番人気>

福永祐一<12④ワールドエース>

98・00 01・03~17

18①ワグネリアン(初参戦から20年/18連敗)

横山典弘<90②メジロライアン>

89 90・92・94 95・97~00・03 04・06 07 08

09①ロジユニヴァース(初参戦から20年/14連敗)

河内洋<86④ラグビーボール/88⑮サッカーボーイ/89⑤ロングシンホニー>

79・81 82・86~94・96~99

00①アグネスフライト(初参戦から21年/16連敗)

1勝だけ

ルメール
川田
池添
岩田
内田
石橋
安藤
角田
河内
大西
藤田
南井
柴田人
安田隆
中野
郷原

複数回制覇

デムーロ
横山典
四位


未勝利で10敗以上

蛯名正義【02219】

23連敗
②12フェノーメノ 14イスラボニータ
③04ハイアーゲーム 16ディーマジェスティ
初騎乗:91⑧シャコーグレイド
91・93・95~99・01~16・18

柴田善臣【01017】

18連敗
②06アドマイヤメイン
③なし
初騎乗:89㉒ロンドンボーイ
89 90・94・97 98 99・01~09・11 12・15

実は、今のトップジョッキーはそのほとんどがダービーに縁がある。

それらを記した後に登場する二者に関しては、そういう経緯を踏まえると、ただ縁がないとしか言いようがない。

一番強い馬に乗っていたというわけでもなければ、展開上有利だったという感じもまたしない。

本当に、チャンスがあったというのがほぼなかったわけだ。

参戦率が高い両ベテランだけに、何かの勢いで一気にということはあるが、暮れの段階で可能性を感じる差せる馬に乗っていたというケースが少ない名手たちに、下手な同情をしてはかえって失礼にあたる。

この馬で世界を目指すんだ。

そのくらいの気概が、ダービー制覇に繋がる時代になったのだと、今は思う。

今年は戸崎騎手くらいしか、ニューダービージョッキー誕生のシーンは見られない気がする。

おすすめの記事
日本ダービー予想特集



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方