海外遠征に意義

競馬予想ブログ JUST

海外遠征に意義

読了までの目安時間:約 3分

 

今年の遠征馬の面白いところは、連続出走だけではなく、当地における重要戦の普遍的なローテを採用したのが、我らが日本調教馬だったということである。

こういう時代が来なくてはいけなかったからこそ、その感慨は、結果への無念さ以上に喜びを孕む筆者なのだ。

ディアドラ

ドバイターフ

クイーンエリザベスⅡ世C

プリンスオブウェールズS

→ナッソーSへ

うまくはいかなかったが、裏を返すと、日本に適鞍がないからこその遠征。

中山記念はたいそう期待されながら、全くハイペースに対応できず、府中牝馬S以来ずっと残念な差し後れが続いている。

ハービンジャーのくせに…、などとロイヤルアスコットの渋馬場に出番なしに終わったことを揶揄するのは、流石に筋違い。

ディアドラは重馬場の秋華賞を快勝した馬だが、本来の洋芝においてのパフォーマンスは、父同様に良馬場の方がいい。

あとは成長力に乏しい死角があっただけで、欧州型の3歳タイトルホルダーには常に付きまとう時限爆弾だから、こればかりはどうにもならない。

マスターフェンサー

ケンタッキーダービー

ベルモントS

→芝・ベルモンドダービーIS

最後に芝を使ってミソをつけてしまったが、ジャスタウェイの産駒でアメリカではあまり多くないゆったりとした作りのベルモントパークだったから、狙いが見当違いだったというのは早計。

ジャスタウェイの産駒だからこそ、ケンタッキーダービーとベルモントS両方でそれなりの走りを見せたことが重要か。

伏竜Sで完敗だったデアフルーグとは、その瞬間から、立場が入れ替わるように注目度合いは一変した。

トニービンの入った馬は、往々にして、3歳春までは少なくとも腰の緩い馬が多く、ダッシュ力に乏しい面を見せる。

だからって、臨戦過程と成長に影響を及ぼすのは、走り過ぎだったかどうかだけが問題だから、マスターフェンサーはまだまだこれからの馬。

今度は、デアフルーグがまるで歯の立たなかったクリソベリルを、古馬もろとも切り捨てる仕事が待っている。

シュヴァルグランの海外行脚は遅すぎる気もするが、JCにもよく高齢馬はやってくる。

これも案外、意義ある遠征である。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方