血統馬の激闘

競馬予想ブログ JUST

血統馬の激闘

読了までの目安時間:約 3分

 

シーザリオの血筋

エピファネイアの仔がついにデビューした今年。

その半弟にあたるサートゥルナーリアが、世代唯一の有能な牡馬としてクラシック戦線に、異例のローテで殴り込んだわけだが、兄たちと同じように、肝心のダービーは勝ち切れず。

期待度ではサートゥルナーリアが一番だったが、血統的な死角もしたと弟が一番だったように、リオンディーズよりもバタバタの内容で4着だった。

兄たちはキズナやディープ軍団を相手に戦っていたから、人気は一番ではなかった。

相手関係もあったが、血は争えないのか、その呪縛に抗った分だけ、ダービーという壁にまた跳ね返されてしまったのは、実に残念。

ベガやエアグルーヴは、とっくの昔に、牡馬のスペシャルワンを生み出しているわけで…。

ステイゴールド系の矜持

GⅠ3着以内の馬

パフォーマプロミス

クロコスミア

インディチャンプ

これら全て、鬼門とされる良馬場の高速上がりか超高速決着のレースでの好結果。

無論、皆有力馬より下の評価だったが、相当にファイトとしている。

パフォーマもクロコスミアも、同系・父の有力馬を競り落としたのだ。

インディチャンプもゴール直前以外は、人気のアーモンドアイと遜色なし。

競馬は必然的なハンディキャップ競走。しかし、根幹距離の大舞台でこの結果なら、ステイゴールドも誇らしい。

日高のニューモニュメント

インティ

ロジャーバローズ

正直、社台系の血統馬と血統構成や能力発揮に至るその特性の根拠など、全く遜色ないし、むしろ、狙いがあるからこそ、血統の質では上だったという印象がある。

ロジャーバローズは母父だけが違うが、ジェンティルドンナとほぼ同血。

リブレティストは母父がアレッジド。ベルトリーニはトワイニングの近親という違いが適性に出た形。

インティは、ネイティヴダンサーのデパートのような組み合わせで、配合は同じでも、種牡馬が違うという狙いを持った組み立てのゴールが、ミスプロの3×4で結ばれた形。

新時代のエルコンドルパサーともいうべき、傑作の血統図である。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方