天皇賞(秋)展望

競馬予想ブログ JUST

天皇賞(秋)展望

読了までの目安時間:約 3分

 

レイデオロにルメールが乗らないことは、サートゥルナーリアの秋緒戦からも一目瞭然。

それにより、JCには今年もストレスの少なかった人気薄の馬にチャンスありの流れができつつある。

アーモンドアイその他。

上がりの勝負でも時計が速くなってもよろしいという馬が今年は多い。

例年以上に、秋の天皇賞としてスケールが最大確保されるビッグマッチになりそうである。

例えば、川田騎手が乗るかは不明だが、ダノンプレミアムあたりは、どこまで前に行くことを狙っていくだろうか。

キセキはいないが、ある意味で、昨年より前に行きたい馬は多い。

アエロリットが出てくるわけはないが、インディチャンプなんかはもう自在タイプ。

ワグネリアンは誰が乗るだろうかとか、一番のパートナーが誰なのか、さっぱりわからない。

どれが一番だと、武豊騎手だったらまず間違えなかったかというと、案外、一流の厩舎の縛りが生まれたりすることは多い。

それを敬遠するようにするのも、また一流の他の厩舎。

忖度に忖度が重なると、わけのわからない展開になったりする。

キセキにしても、スローが見えていたから逃げたわけで、昨年の5F通過は59.4秒であり、上がりは57.4-44.4-34.5だった。

結果的には差しが決まったが、キセキの出来がもっと良かったら、そもそもアルアイン辺りが上位に食い込んいた可能性だってある。

キレ脚自慢が多いだけに、サートゥルナーリアに誰が乗るかも含め、興味が事前予測ではとっちらけである。

何かに集中するのは難しい。

アーモンドアイは人気になるが、案外、古馬になるとクラシックホースはキレが鈍くなるもの。

ディープでさえ、最後は東京ではない中山で弾けた。オルフェもそう。

ワグネリアンは前に行くだろうか。前肢の落鉄は、何かのサインとも思える。

昨年はヘイルトゥリーズンとミスプロ<キングマンボ>の両取り配合が強かった。

今年はそれが異常に多い。

インディチャンプは毎日王冠次第だろうが、程よい不発でダイワメジャーやオグリキャップに似たローテを組んできたら、タイプは全く違うけれども、またしても…、があり得る。

結局、今年も少頭数だろうか。

↓【注目】週末重賞の無料買い目はコチラで公開します!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

タグ : 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方