ロンゴノット、ロータスランドほか新馬回顧<9/21・22>

競馬予想ブログ JUST

ロンゴノット、ロータスランドほか新馬回顧<9/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

曇天、渋っているというほどの状態ではなかった芝とダート。

阪神のダートでは新馬戦は組まれなかった土曜日は、良馬場で3レースが行われた。

中山のダート1800と阪神のマイル戦は、極めて順当な結果。

パイロ産駒のスピードを見せつけた中山のロンゴノットは、オールウェザーのドバイWCを制したアフリカンストーリーの半弟で、ちょっと芝への適性も秘めている。

案外、距離短縮が望ましいタイプだろう。

阪神のポイントオブエントリー産駒・ロータスランドの直線の反応は、とてもロベルトの3×4が掛かった馬には思えないところがあったが、シーキングザゴールドが入って、その父のミスプロのクロスもあるから、緩い感じのレイデオロといった雰囲気か。

気性は似たようなものだろう。

中山2000で人気馬に一泡吹かせたダノンシャンティ・エバービクトリアスは、一族にアドマイヤコジーンがいる密かな良血馬。

父の特長と合わせて、彼のツボを探る楽しみができた。人気勢は、この後は勝てると思う。

展開の癖が強すぎた。

何だかんだで雨の影響を直接受けなかった日曜競馬。

阪神では強風は吹いたが、代わりにユタカ祭りが開催された。

鮮やかな好位抜け出しのダ1400のタマモツワモノは、ディープブリランテの産駒。タマモ一族のダート血統で、順調に育てば息長く活躍する。

芝の2000M戦に関しては、ドイツ牝系のキンシャサノキセキ産駒の末脚を最大限に引き出したという印象だが、相手が案外だった面も否めない。勝ったチュウワノキセキは、エイシンフラッシュの近親でありは母ドイツオークス馬。

故に、ツボがどこなのかを見つけないといけない。

中山は芝のマイル戦を、ユタカ超えの1年目をようやく過去の産物にできそうな三浦騎手のアヌラーダプラが快勝。

祖母シンハリーズで、ラーイとシングスピールの兄弟が母父、母母父という変わった趣向のキンカメ牝駒。

繁殖に上がってからの方が楽しみは多そうだ。

競走馬としては、芝ダートに囚われないアグネスデジタル的な異能の天才らしい進路も期待される。


-----

【特集】10万馬券は誰でも獲れる!
 ~ 競馬指数を使い1000倍以上の配当をGETする方法とは?

競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ 『裏ワザ』 を考えてみました。以下は最近の10万馬券的中例(3連単)。
09/28 阪神09R 113,180円 的中
09/14 中山06R 206,840円 的中
08/25 小倉08R 125,180円 的中
08/11 札幌11R 143,000円 的中
08/10 小倉02R 126,480円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方