クラシック最終展望

競馬予想ブログ JUST

クラシック最終展望 (2019)

読了までの目安時間:約 3分

 

ねじ込まれた非クラシックホースが、牡馬牝馬両クラシック路線における最重要戦に位置づけられる秋のトライアルで、圧勝のタイトルホルダーに対し、全くこれで歯が立たないとなったか否かが重要。

牝馬戦線は、オークス馬の直行と桜花賞馬の回避が見えていたから、自分たちは自分の仕事をすればいいという雰囲気にあったが、牡馬路線はダービーを経て、例によって、勢力図の一時リセットが欠けられた中での神戸新聞杯の結果で、混沌に近い先が見えづらい状況にある。

2400Mまでは…。

牝馬の場合、それより長い距離を使う機会はまずない。

適性を見て、長距離重賞に挑むのであれば、有馬記念だとか京都の2大長距離GⅠとは別のカテゴリーに属したそういう特殊な方向で狙いをかける。

有馬記念に挑むのは、一連のGⅠ戦線における余力がある真の実力者だから、今年は秋華賞にそういうタイプが出てこない。

そもそも、スピード優先のここまでのタイトルホルダーに、実は、2000Mのハイレベルな一戦にも死角はあるのだ。

一方、徐々に篩にかけられ、ダービー出走の現役馬最先着のダノンキングリーは、早々に菊花賞回避を決定。

どの道、菊花賞に行くという選択はなかった雰囲気のサートゥルナーリアも、わがままな神戸新聞杯を経て、より自信を深めて古馬戦に挑む。

ただし、上が抜けたからと言って、距離適性に同期同士での戦いに不安がないモノが菊花賞に残るのが常の牡馬路線において、しっかりと皐月賞とダービーのトライアルホースが出てくることは、歓迎と言えよう。

キレの東京などより、ずっとこちらの方に向くタイプが今年の有力馬である。

時計がどうなるか。

ペースが上がりそうな今後の主要戦は、クラシック戦だけでなく、乱戦になりそうな予感はある。

コントラチェックとセントライト記念組の状態が、展開に大きな影響を与えるように思う。

自分で時計を作って、ペースメーカー以上の仕事ができる面々が、単純な瞬発力勝負にはなりづらい舞台で、自由に走った時に、実はダービーで先行しているサトノルークスも含め、もう少し人気になる中心馬には、驚異になるはずだ。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方