充実度反映の主要重賞群

競馬予想ブログ JUST

平成の出世レース・充実度反映の主要重賞群

読了までの目安時間:約 3分

 

サウジアラビアロイヤルC

18①グランアレグリア

17①ダノンプレミアム②ステルヴィオ☆

14①クラリティスカイ

毎日王冠☆

秋天

14③スピルバーグ

1213②ジャスタウェイ☆

<12⑨エイシンフラッシュ>

05⑦06⑤08⑤09①カンパニー

GⅠ馬

08②06①96③

未勝利馬

95④94①93⑥91①

マイルCS

18②ステルヴィオ

12⑤ダノンシャーク

10②11④エイシンアポロン

09①カンパニー<上位参照>☆

06①/07③ 05⑨95③93①

91②/92① <89①>

その他

13①エイシンヒカリ⑤トーセンスターダム

<09②98②

<98⑤99①89②>

京都大賞典

GⅠ馬

近10年

16①キタサンブラック☆

15①ラブリーデイ

13⑤ゴールドシップ⑧ヴィルシーナ

秋GⅠ勝ち

00①テイエムオペラオー

98①セイウンスカイ

89①スーパークリーク

未勝利馬

17③シュヴァルグラン④ミッキーロケット

13③トーセンラー④アドマイヤラクティ

11②ビートブラック

09④ジャガーメイル⑨クィーンスプマンテ

主な連対馬

04②ゼンノロブロイ

03①タップダンスシチー☆

97①シルクジャスティス

94①マーベラスクラウン<阪2500>

93②レガシーワールド

--

東京と京都というのもあるが、特に、日本競馬の根幹を成すビッグマッチ全てに、その結果が直接的に影響を及ぼす毎日王冠のスタンスは、秋の天皇賞が2000Mになると同時に1800Mに短縮されて以降、全くもって不変のポジションをキープしている。

ただし、今はトレンドとしてステップという概念をなくすか、その概念そのものをGⅠにあてはめるというケースが増え、前哨戦の中の前哨戦の10月GⅡは、決して安泰なわけではない。

でも、それは結果を残している馬の陣営にとっての発想なのだから、この企画に適した選定における足かせにはならない。

注目すべきは、京都大賞典など勝たないと後がないという傾向の一変か。

GⅠを勝っていなかった方が、ここで負けた後に成功している例が異常に増えているのは、実は、2200Mより非根幹距離的レイアウトになる2400Mの特性の一端を示しているのかもしれない。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方