2019 古馬牝馬路線

競馬予想ブログ JUST

リスグラシュー、ディアドラほか【2019古馬牝馬路線】総括

読了までの目安時間:約 3分

 

4歳の残念クラシック組が台頭の古牝馬戦線だったが、クロコスミアが活躍したことで、リスグラシューやディアドラといった苦戦期を乗り越えたトップホースの再成長も、ちょっとクローズアップされたシーズン。

リスグラシューは最初から牡馬と当たって、昨年の香港からずっと、最もレベルの高いゾーンにコミットした矢作流の好戦的なキャンペーンが、まさかのGⅠ連勝、それも日豪での優勝というおまけ付きで、見事に実ったのだ。

ディアドラは元々時期が来たら…、というダート転戦に似た形での海外行脚の末、日本調教馬にとって実に久々の英GⅠ制覇を達成する快挙。

特に、伸びしろがあるという感じの勝ち方ではないが、何かを求める積極策は来年も現役という意欲的な展開を生んだと言えよう。

さて、衝撃の春秋牝馬GⅠとなった古馬戦線。

初のマイルでもないハービンジャー産駒が、世界レコードで東京マイルのタイトルゲット。

中山で2勝目を挙げた時、誰もそんなことは思わなかっただろう。

プリモシーンやラッキーライラックの渋とい応戦を凌ぎ、若きレーン騎手と共に輝いたノームコアは、その後毎週レーンチェンジになったルメール騎手のお手馬。

この時はベストライトとなったが、富士Sを見て、やはり、相応しい騎手はルメールだと再確認できた。

ラッキーライラックは、陣営の英断もあり、ちょうど日本滞在に慣れてきたスミヨン騎手に、主戦の石橋騎手からスイッチすることで、本気の仕上げを実践した。

おかげで、大柄な体が普段以上にシャープに映り、若い頃はできていた直線後半での末脚に期待を持たせる見事な変わり身を見せた。

そしたら、インからスルスルと…。

日本の騎手はこれが苦手だが、京都ではやりやすい。

その後も外国人騎手は活躍したわけだが、最近は何だか、その手の豪腕型に合う牝馬が多いように思う。

牡馬の方がもう少し繊細だったりして、血統の影響もあるのだろうけど、女勝りになる必要がある牡馬への咤激励という意味合いも、この結果からは伺える。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方