父を超えたかどうか・奇縁

競馬予想ブログ JUST

「父を超えたかどうか」無敗の三冠馬の代表産駒は、有馬記念を必ず一発で制する

読了までの目安時間:約 3分

 

父超えはならず

・99②スペシャルウィーク-0910②等ブエナビスタ

・98 99①グラスワンダー-08⑤等スクリーンヒーロー

・02 03①シンボリクリスエス 14⑤エピファネイア

超ハイレベル世代出身のこの名馬たちには共通項がある。

父がJCに縁があったか如何に関わらず、その産駒は皆、JCで豪華メンバーを一気に負かしているのだ。

ただ、父がJCなどで先着した相手だけでなく、有馬ではその前に負けた相手に対しても、きっちり力の差を見せつけたのに対し、仔に関しては、逆転を許すことがしばしばあった。

超えるということは、即ち、その血脈の正統後継者になったことと同じ意味を成す。

グラスワンダーはJCに出られなかったが、仔は一発回答で、結果を出した。

有馬での実績は、彼らにはあまり重要なことではなかったのかもしれない。

勝てなかったスペシャルウィークが、3回勝てなかったブエナビスタを送り出した辺り、有馬とは関係ないところで、もっとドラマチックなJCストーリーが展開されていることの方が、彼らには重要だったというのは事実である。

父を大きく凌駕した仔

・98③等ステイゴールド

-09①ドリームジャーニー

-11 13①オルフェーヴル

-12①ゴールドシップ

・08⑤等スクリーンヒーロー 15①ゴールドアクター

別カテゴリーに対極の天才を擁した点に、珍しい共通項がある。

ゴールドアクターには同じ父のモーリスという強烈な個性を放ったライバルたりえない、大きな存在がいた。

ステイゴールドはサイレンススズカとタイキシャトルの世代。

その産駒には、ウオッカ、ロードカナロア、ジェンティルドンナという、あり得ないレベルの顕彰馬との対戦実績があった。

そういう馬だからこそ、有馬記念で力を示す必要があったのか。

父は伏兵の競馬をして大舞台で輝いたが、仔のほうが目立ちたがり屋だったのかもしれない。

<近30年の親仔制覇>

84 85①シンボリルドルフ-93①トウカイテイオー

06①ディープインパクト-14①ジェンティルドンナ、16①サトノダイヤモンド

結構な記録。無敗の三冠馬の代表産駒は、有馬を必ず一発で制する。

よくできた話だ。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方