芝問題・スピード化と薄いスタミナ

競馬予想ブログ JUST

アーモンドアイ「有馬記念の敗因」と「芝問題・スピード化と薄いスタミナ」

読了までの目安時間:約 3分

 

全く重厚さが出てこない。それを引き出されると、時計勝負で燃え尽きるか故障する。

競走能力があまりにも有能であるが故、フレッシュさが結果にモロに影響するアーモンドアイの有馬惨敗は、衝撃的であったと同時に、自分で動いていくことに慣れている馬ではなかったはずが、巧みにレースを運ぶことに興味を持つようになってきたところでの、特殊過ぎる展開とコースレイアウトが、全ての敗因となる要素を引き出した。

断じて、優劣におけるリスグラシューとの力量の面に差が現れた結果ではない。

同時に、リスグラシューはいつの間にか、アーモンドアイと似たような適性を持つ馬だったものが、エリザベス女王杯を勝つと同時に、単に瞬発力を武器とするひ弱な牝馬ではなくなったのである。

むしろ、揉まれてガッツも求められるような展開を好むトニービンの一流馬らしい姿。

ハーツクライの産駒だからなのか、両グランプリに勝負の綾もあり、縁が生まれたのかもしれないが、その2戦は彼女を語る上での全てとなった。

相変わらず、晩成型しか世界に通用しないのだ。

若き才能が燃え尽きる。燃え尽きるとは何か。

必要以上にクラシックで消耗する原因が、時計と同時に、似た者同士の争いでの叩き合いも影響しているのではないのか。

スタミナを補うためのスピード能力の発揮の仕方にパターンがあって、脚質とは別に、必要以上に速くなる時計で、その究極の持ち味を出し合うことで、ダメージを負うことになるのでは。

距離が延びれば、純粋な底力勝負になるという幻影を追いかけられなくなった今、馬群を抜け出すために必要なスタミナが求められている。

一時期それはメジロマックイーンだったが、今それは、本格的なドイツ血統になりそうだ。

マイルでレコード勝ちした馬の全弟が、時期は若干ズレたというもの、同じく若葉Sを経て、クラシック本番で好走した者同士。

それが明暗くっきりなのだから、血統による影響はかなり大きかったと思う。

ある意味、ワールドプレミアは選ばれし者なのである。

↓【注目】オーバルスプリントの買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方