2020 クラシック展望<第1戦前総括>

競馬予想ブログ JUST

2020 クラシック展望~ヤマカツマーメイド、シーズンズギフト、アドマイヤビルゴ、ガロアクリークの可能性

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬に関しては、ハイレベルだった時計の割に、注目度合いがどうなんだという点と、結局、阪神JF組がほとんどいなかった中で、フィリーズレビューのメンバーでは抜けた実績のあったヤマカツマーメイドが中身のある競馬をしていたから、では、その他が特別強いとなったところで、どう考えても阪神JF揃い踏みで異常な結果とも言えなかったチューリップ賞参戦組とやり合えるかとなるわけで、言わずもがなであろう。

中山の2戦は、見た目とは裏腹に、3歳の牝馬には実に厳しい展開だったから、結果とその経験で、ファンの側からすると使い分けのようなものが必要だろう。

 

特に、フラワーCはハイペースの展開からの伏兵の押し切りで、特殊な展開のトライアル的結果。

外枠が活かせた2頭と、シーズンズギフト以下うまく適応できなかった組も、この一戦で途端に変わり身を見せる可能性がある。

正当にトライアルを使われた桜花賞参戦組と、そこには挑む気のなかった昨年のオークス1、2着馬のような馬の出現が、これからの大まかな潮流になりそうな予感がする。

桜花賞の大波乱はなさそう。

 

問題は、牝馬戦線に加わるかよくわからないシャインガーネットがファルコンSを快勝したので、ポジションがよく見えないラウダシオンを撫で切ったこと以上に、牡馬戦線の全体像が歪んでいるように感じてきた。

弥生賞もスプリングSもレベルがとても低下したというほど落ちぶれているわけではなく、必ず、ダービーの辺りから再評価がされることが常の重要戦に変わりはない。

だからこそ、多様なローテが可能になってしまうことで生じる、誰が本当に強いのか問題が、絶対に事前に解けないレベルにまで発達の模様。

 

ディープの2頭は明らかに世代のトップホースだが、サリオスなどの実績のあるグループとその他軍団で最右翼であろうクリスタルブラックやアドマイヤビルゴといったディープB群が、ステイゴールド軍団やハーツクライグループとどの程度の力量差が判然としない。

アドマイヤビルゴはダービーのスピード勝負向きに思うが。

ガロアクリークは1800と2000で動きが変わるいつものタイプでも、秘める底力が無限大か。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方