高松宮記念 予想データ

競馬予想ブログ JUST

高松宮記念【データ】乗り替わり / メンバー中最速タイム など

読了までの目安時間:約 3分

 

乗り替わりでの勝利

GⅠ昇格後24回で、

セイウンコウセイ

ビッグアーサー

コパノリチャード

アドマイヤマックス

サニングデール

ビリーヴ

ショウナンカンプ

シンコウキング

 

全体の1/3は多い方だろう。

ただ、積極的な鞍上のスキルでGⅠで勝負懸かりの縁を断ち切ったような変更で成功したのは、テン乗りに限定するとビッグアーサーだけ。

元に戻っただとか、色々と主戦が乗れない事情があっただとか、微調整などがしっかりと整った形が重要であり、そんなに簡単に安易な鞍上の変更は意味がないという傾向が出ている。

となると、歓迎の材料ではないことは明らかだ。

速さの武器(最速タイム)

①メンバー中最速タイムの持ち主の勝利

ファインニードル

ビッグアーサー

ロードカナロア

キンシャサノキセキ

サニングデール

ビリーヴ

ショウナンカンプ

マサラッキ

フラワーパーク

極端な馬場でない限りは、スプリントGⅠなので時計は大事。人気との兼ね合いがポイント。

 

②重賞を2度以上、前半33秒半以上の展開から4角3番手以内で勝利

なし

ハイペースを作るより、それを追いかける持続力の方が重要。

単調な馬ではなくなったことを証明する舞台と考えたい。

 

③重・不で逃げ切りのあった馬<マイル以下の実績に限る>

セイウンコウセイ

サニングデール

ショウナンカンプ

フラワーパーク

速さを道悪で見せつけた実績は重要ではない。馬場適性はともかく、再現性に乏しい実績。

1200初挑戦<連対>

<19①ミスターメロディはダ1200、1300に連対実績あり>

14①コパノリチャード

07②ペールギュント<①スズカフェニックスはダ1200に勝ち星あり>

06①オレハマッテルゼ②ラインクラフト

00②ディヴァインライト

 

隠れサウスポーやマイラーが大半も、基本的には1400重賞で結果を出していないような馬は用なし。

マイル未満1戦のみのペールギュントは、そこが古馬初挑戦、休み明け、ダービーからの大幅短縮、重馬場のスワンS完敗で、例外中の例外。それも実績と言えば、そうなるが。

 

------

↓4月11日(土)まで、無料配布中だそうです。

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方