これから走る血統

競馬予想ブログ JUST

これから走る血統 ~ デアリングタクト、対極のポジションに属するリファールとノーザンテーストの血

読了までの目安時間:約 3分

 

サンデー直仔が消えた07クラシックは、在来牝系の血統馬が、当時忘れられた存在から威厳を取り戻した経緯がある。

直系からファミリーの時代へ。

当時からまた、牝馬の大物食いがよく見られ、宝塚完勝のスイープトウショウや天覧競馬優勝のヘヴンリーロマンスが登場して以降、牝馬の方が大事なところも持っていくのが当たり前というグラスレースの基本形が、ワールドワイドなスタンダードフォーマットとして定着していった。

 

牝馬が走るということは、牡馬とは違う組み合わせになることが多いが、おかげで、鈍重でキレないけどとにかく力持ちというロベルト系牝馬が、定期的に時代を継続的活躍で牽引してきた。

ウオッカからスノーフェアリー、ちょっと間を置いてもレインボーダリアが登場し、そうこうしているうちに地味にJC制覇のスクリーンヒーローがモーリスやゴールドアクターをこの世に生み出したころには、現役馬にエピファネイアがいて、しばらく見ないうちに、今度は再び牝馬からデアリングタクトという破壊力満点の天才少女が登場してきた。

 

ロベルトが走ると、ちょっとすることそれと双璧を成すナスルーラの機動力に富んだ才能が活躍をする。

今はバゴの産駒のクロノジェネシスが素晴らしい活躍を見せているが、この血は母父に入り、特にボールドルーラーというジョーカー多めのスピード系統がガンガン活躍馬を出して、その代表があのグランアレグリア。

 

サンデーサイレンス偏重でも、ブライアンズタイムやトニービンも順番こに名馬を続出させた90年代から、組み合わせの妙はあまり変化していない。

セクレタリアト産駒のヒシマサルが走っていた頃も、シアトルスルー産駒がガンガンGⅠを戦っていた。

 

大体その全部の血を持つデアリングタクトにないものが、その他対極のポジションに属するリファールとノーザンテーストの血。

時計勝負に合う血統ではないが、そのライバルであるというかそうなっていくだろうレシステンシアやスマイルカナには、その血が薄っすらでも入っている。

サンデーと同じくらいキングマンボも入っている時代に、少し外れたノーザンダンサー系の底力が、東京連続GⅠで爆発するか。

↓【注目】セントライト記念&オーバルスプリントの予想公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方