名勝負の立役者

競馬予想ブログ JUST

名勝負の立役者 ~ 石橋脩、松山、和田竜二、そして蛯名(ディアマンミノル)、武豊(キセキ)は?

読了までの目安時間:約 3分

 

牝馬の活躍もさることながら、この春の競馬場内が全く盛り上がっていない状況とはまるで乖離するような形で、凄まじいまでの好レースが続いている。

やけに土曜のマイル重賞で気になる男となっている石橋脩騎手が、全てその進路が正しかったという結果を3週続けたというのは、3連続GⅠ勝ち2度達成のルメール騎手に通ずるものがある。

 

相手の力量もしっかり見極めているからこそ、仕掛けのタイミングを誤らず、同時に、パートナーの末の持続力も冷静に捉えられている。

それは奇跡的に長期離脱を免れるも、今痛みに耐える松山騎手にも言える。

 

メイショウテンゲンやコルテジアの近走では、思った以上の結果は出せなかったが、サウンドキアラが登場する週だと、テン乗りのサンライズノヴァで再びの豪脚を引き出して3着とか、連日の進路選択の妙で快勝した阪神マイル重賞連日勝利など、何か違う仕事もついでにやってのける。

金杯の日は、今年初勝利となった4Rでセヴィルロアーにとって初めて逃げの手に出て、ミドルラップからの押し切り完勝。

 

何かやりそうな男の代名詞的存在である関東の横山、田辺、江田ら名手に続けと、関西積極策三銃士たる藤岡兄、浜中、川田らに続く、新策士枠をこの松山騎手は勝ち獲った感もある。

福島牝馬Sがいかにも結果で、和田竜二の最後は込み入ったところから気合いの抜け出しが炸裂して、怒涛の穴馬来襲にはちょっと驚いた。

いや、それでは理解度が不足しているということなのかもしれないが。

あと、2世3世騎手が特別戦でもトップジョッキーとガンガンやりあっているのはいい。

 

週末の楽しみは、青葉賞と春天両方に乗る騎手が今年はいないから、東京で勝負、京都で大一番に挑む男に注目。

青葉賞をOP特別時代から5勝している最多勝利騎手と、89~92までの4連覇と以降の4勝で30年乗って8勝の春天ぶっちぎり最多勝男は、競馬学校時代から同期の二人。

蛯名騎手はイソノルーブルの孫であるディアマンミノル、武豊は迷える6歳菊花賞馬キセキにそれぞれ騎乗。

各々初騎乗で制したこともあり、蛯名騎手の場合、それはフェノーメノだったことからも、その縁の深さが窺い知れる。

↓【注目】オールカマー&神戸新聞杯の無料買い目公開中!
人気ブログランキングへ



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

コラム

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方