競馬予想ブログ

競馬予想ブログ JUST

繋がる有馬とは – 有馬記念を勝って、翌年GⅠを2勝以上した馬は…

読了までの目安時間:約 2分

 

有馬記念を勝って、翌年GⅠを2勝以上した馬は、ここ30年で1頭たりとも存在しない。
テイエムオペラオーを筆頭に、春に1勝するのが関の山。

2着馬はどうか。
2015年までの20年で、GⅠ勝利の馬は、
マーベラスサンデー<96>
メイショウドトウ
タップダンスシチー
ディープインパクト<05>
ダイワスカーレット
ブエナビスタ<09、10>
エイシンフラッシュ
その昔は、テンポイントやビワハヤヒデなどの大物もいる。

結局、2着でも似たような傾向なのだが、比較的若い馬が多いからか、秋以降に活躍する馬も最近増えているという話だ。
3歳の身で敗れた2頭は、翌年に4勝、2勝。
3歳で勝った馬では、オグリキャップ、マヤノトップガン、オルフェーヴル、ゴールドシップなどが、年1度ペースで勝ち星を重ねていったケースがある。

要するに、若い馬に未来があるということ。
4歳以上で翌春もGⅠを制していた馬は、アンバーシャダイとその前に強かったスピードシンボリと、ディープ斬りのハーツクライ。
超中山リピーターのスピードシンボリとその孫シンボリルドルフは、単に中山が得意だったという理由に尽きる。
中山だと堅い馬というのは、今はハンディキャップホースくらいしかいない。
この手の馬がこの先出てくるかは、ちょっとわからない。

今回に関しては、とりあえず3歳の最有力馬が結果を出したので、理想的な展望を臨める。
秋は凱旋門賞という流れを作ったサトノダイヤモンドにとって、この結果が持つ意味は極めて重大であり、希望にあふれるものとなった。
唯一、宝塚の勝利を絶対条件にしないことが望ましいわけだが。

 

コラム

有馬記念(2016)検証

読了までの目安時間:約 5分

 

途中から動けたのは大きかった。
サトノダイヤモンドが自在に競馬をできる流れをマルターズアポジーが作ってくれたおかげで、瞬発力勝負ではなく、総合力の叩き合いになった。
ゆっくり動かしていけば、直線はしっかり伸びてくれる。
出来がいいこと、内面を含めた総合的な意味での成長と騎手自身の好調さ。
キタサンブラックがゴール前差されたように、オッズもレース直前に入れ替わった。
至極の力比べであった。

菊花賞の時に、サトノダイヤモンドは成長していないのでは、と述べた。
明らかな間違いではあったが、恐らく、馬体の変化が必ずしも成長とは異なるのではないかと、有馬記念のパドックを見ていて思った。
揉まれる経験をした皐月賞の初黒星から、落鉄のダービーラストシーンまで、その時間は1か月と半しかない。
しかし、ダービーから菊花賞までの間は、ダービー好走即ち勝ち負けの神戸新聞杯の好走は目に見えているのでノーカウントとすると、実戦も中にはあるのに、実に4か月半余りの時間がある。

本家セントレジャーはとおの昔に廃れてしまったが、日本は奇しくも高速競馬の影響を受けてのものか、その格は未だに保たれている。
菊花賞で改めて力を証明したダイヤモンドには、勝つことによる消耗が最低限の上に、総合力の高速菊花賞の中で力を示したことは、ダービーを勝つことよりも何倍も馬に掛かるストレスが小さい。

走っているうちに、どんどん力のない馬は置き去りにされる長距離戦というのは、絶対能力が違えば、簡単に勝てるのだ。

だから、心身ともに万全の状態で出走できた菊花賞は、有馬記念の叩き台であったのである。
少なくとも、ジャパンCに力を注がなければならないキタサンブラックのような、1戦ごとに大勝負をしていく立場とは、気持ちも体力も、この時期に能力差そのものも縮まる古馬と3歳の争いで、2kgの差がついていれば、瞬発力勝負では多少はアドヴァンテージのあったサトノダイヤモンドにルメール騎手が乗っているという状況。

レイデオロを完璧にエスコートしたホープフルSを見てしまったファン心理は、否が応でも、11番買い占めに走るのが当然であった。

勝負を分けたのは、スタンド前の縦長の展開。
筆者期待のミッキークイーンも内からうまく揉まれない外目のポジションにつけ、いつでも追いかけられる位置につけたが、その時に、ペースを見て楽をして走っている1枠2頭を徹底マークにスムーズに入り、それがペースが落ち着く2角過ぎで決まったので、キレではさすがにディープには敵わない古馬コンビには、もう戦う術はなかったように思う。

内をキレイに回ってきたキタサン、ゴールドらは、経験に乏しい3歳馬を一時は離しかけたが、坂を上ってもなおダイヤモンドは、逆転可能な位置にいた。
正直、これがダメ押しだった。

マルターズアポジーの平均ペースで、それをキタサンブラックがじっくりと交わしにかかる競馬こそ、サトノダイヤモンドが鬼のような強さを見せてきた関西圏でのレース展開そのものである。
見たこともないようなタフな古牡馬をねじ伏せたダイヤモンドに、これからもっと問われるのは、本当の意味でのキレが繰り出せるか。
ダービーはその差で負けた。

春天を使うのか。ドバイに行くのか。休み明けで大阪杯なのか。
皆国内で戦うなら、春の最後に宝塚記念を目指すことになる。
実力馬が自分の走りたいように走れたのなら、意外と、その後の進展は乏しいケースが見られる有馬記念後の名馬の姿は、目先を変えることで新たな可能性をみせてきた。
大きなものを目指すもののための有馬記念。

その意味で、クリストフ・ルメールの涙は、ハーツクライ以上の可能性を見つけられた手応えがこのレースにあったことを暗示しているのかもしれない。
日本で走る必要は、しばらくはないように感じる。
有馬でいい決め手を発揮する馬に、他のGⅠを勝つチャンスは少ない。
強気の選択こそ、強者の正しい在り方だ。
今の里見オーナーが、指針を間違えるとも思えない。
とっとと渡航の手続きをしてください。

有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

レース回顧

有馬記念(2016)見解

読了までの目安時間:約 6分

 

奇跡を呼ぶ男・武豊が、期待通りに1枠1番を自らの選択によって、見事引き当てた。
怪しいな。(笑)

けたけた笑っているのは、鬼だけではない。
これまで3度の公開抽選会で、最初の年だけ、抽選は馬のみで、自らが望む枠に入ったジェンティルドンナが、4番枠から望外のスローで好位抜け出しで快勝したことは記憶に新しい。

後半まで1枠の2つが残っていて、競馬が上手な2頭が結局そこに入った。
笑えるのはそれだけではない。
笑われることなど、今は屁とも思わないだろう里見軍団は、実は近年よく馬券に絡む真ん中より少し外の6番枠をジャック。
展開も枠も無視して勝ち続けるこの陣営にとって、ファンの嘲笑など、むしろ歓迎なほどの勢いである。
実は、こちらの方が有利なのではないだろうか。
ジャパンCとは違い、今回はその気になれば行き切れる馬が穴馬にいる。

それがある意味普通の読みなら、武豊・宝塚アゲインの強烈な消耗戦に持ち込んだ際の、極めて重厚な有馬記念のマッチアップが、穴狙いのツボだろうか。
そうでなくても、十二分にミドル以上の流れになる確率が高いメンバー構成だから、少なくとも、逃げることはやぶさかではないものの、ゴールドアクターのために逃げさせられた昨年のような展開は、今回は考えづらい。

◎ミッキークイーン
○キタサンブラック
▲シュヴァルグラン
☆サトノダイヤモンド
注ゴールドアクター
これら全て、2400M以上のGⅠでの勝利実績があるか、2500M以上の重賞を2勝以上している、ありていに言えばステイヤータイプの人気上位馬である。

最近の有馬記念は、スローになると極端に遅く、逆に、淀みない流れになるとトータルの時計は必ずしも速くはならないが、ステイヤーの絶対数が少ないから、極端な追い込み決着になるケースが多い。
スローで前残りは多くても、それはコーナー6つだから仕方ないわけで、実は、そういうケースの方がまともに決まったりする。

しかし、今回は前述のメンバー構成でもあるし、ここに挙げた5頭全て、今年のGⅠ好走歴がある。
では、何故ミッキークイーンなのか、という話なのだ。

昨年はスロー頻発で、有馬記念も結局、皆の見立て通りにスロー。
有馬記念は昔から、いいメンバーの割に力勝負になるとは限らないということで、王者を決めるというより、実力馬の余力を問われる競馬となりやすいとされてきた。
オグリキャップなどは、実に分かりやすい馬である。
秋にGⅠを勝った時は敗れ、強い馬に屈服させられた年ほど有馬記念で燃えた。

一番強くなくてもいいが、一番活力が残っている、漲っている馬がいい。
ゴールドアクター、ミッキークイーン、シュヴァルグランは、かなりの有力である。
体重を絞らなければならないゴールドアクター。
牡馬混合GⅠでは辛い経験しかないミッキークイーン。
少し競馬が豪快すぎて、小回り適性に疑問のシュヴァルグラン。

サトノダイヤモンドとキタサンブラックが力を出し切れそうな枠に入っている以上、彼らの評価はそれより下でなければならないが、何故だかよくわからないが、有馬を勝つ馬はだいたいが秋にGⅠを2戦しているか、初挑戦の3歳馬ばかりだから、有力馬はGⅠ1度きりという今年のローテは、ある意味で、横一線の可能性を示しているのではないか。

4勝中2勝は、阪神、京都の2000Mというミッキークイーンは、牝馬らしからぬ渋とい伸びで、出遅れ何のそのというレースもあれば、秋華賞のように素晴らしい中団からの抜け出しで勝ち切ってしまう、案外、勝ち切れる条件の狭い馬である。

しかし、東京2400M専門と思われていたジェンティルドンナでも、最後にはトリッキーコースをこなしてしまった。
この馬は、阪神牝馬Sでルメール騎手がちょっと乗れていなかった週とはいえ、スパートのタイミングを待っても終いはキレるし、秋華賞のように成功で人気に応えようとしてもしっかり抜け出してこられる器用さがある。

ズブいといっても、マリアライトだって条件が重なれば、パワー勝負で4歳牡馬を負かせるのがグランプリであり、エンジンの掛かりは、牝馬の方がいいに決まっている。
去年も牝馬<ルージュバック10着>で痛い目に遭って懲りないのは、ある種の変態的趣向の一端なのかもしれないが、好き好んで人気馬を本命にするべきレースでもない。

本当にいいキレを持っているのは、瞬間的な決め手で2着を拾うことの多いサウンズオブアースとデニムアンドルビーくらいなもの。
総合力勝負で買うべきは、本格派の中長距離型だろう。
連下は、ヤマカツエース、サウンズオブアース、マリアライト。
スローのヤマカツ、消耗戦のマリア、前に強い馬がいる時のサウンズと、キャラは決まっているが、これが3着の争いに加わると想定した場合、順序をつけるのに苦慮させられる。
不可抗力による台頭を期待した、本当の補欠という評価にここは止めたい。

有馬記念の予想に関する特集記事はこちら

 

レース予想

有馬からのスタート<ハーツクライとヴィクトワールピサの前例>

読了までの目安時間:約 3分

 

<ハーツクライとヴィクトワールピサの前例>
ナリタブライアンもオルフェーヴルも海外GⅠには縁なし。出ようが出まいが、勝てなかったという事実は変わらない。
成功者の多い有馬ウイナーだが、ここを起点とするために必要だったものとは一体、何であったのだろうか。

偉大なる…、というキーファクターであれば、シンボリルドルフはミホシンザンを、ナリタブライアンはライスシャワーを大いに覚醒させ、ディープはハーツクライに花を持たせて、ゴールドシップは遠征帰り初戦でジェンティルドンナの激走を好アシストする格好で差し損ねた。

ディープやブエナなど、王道路線で外れのない走りをする馬が、実力以外の理由で唯一負ける可能性のあるここで敗れた。
思えば、オルフェーヴルの引退レースで2着に突っ込んできたウインバリアシオンは、刹那の輝きながら、春の天皇賞でもフェノーメノの2着に入り、いい頃の末脚を取り戻した。
ジェンティルもシップの鬼門・淀の長距離で戦う力を与え、そういえば、最初にオルフェが勝った時の2着馬は、翌年の秋天で復活するエイシンフラッシュだったなと…。
強い馬の走りは、シンボリクリスエスのような独走でなければ、敗者にも好影響を与えるのだ。

3歳で栄華を極めたディープのような馬にとって、有馬記念はおまけでしかない。
ルドルフは体調不良があって、JC惜敗。
ディープも同じだったろう。
同じ疲れだったら、あと少しで勝てそうだった馬に、またそのチャンスが与えられる究極の場面でこそ、その蓄積はプラスのエネルギーに転換できる可能性がある。

3歳で渡仏、2戦を経験し、JCにも出たヴィクトワールにとって、事実上秋無敗のブエナを負かす機会は、当然この有馬しかなかった。

厳しい戦いの末、何かを知った直後に、負かすべき大目標がそこにあった。
至極順調に3歳シーズンを過ごしてきたサトノダイヤモンドにとって、この戦いの意味は一体何なのか。
勝とうと負けようと、同じような結果を古馬相手にも残せるようであれば、来期も前途洋々である。
その意味では、ゴールドアクターの方が崖っぷちなのかもしれない。ここで勝たなければ…。果たして。

 

コラム

有馬は勝てたはず

読了までの目安時間:約 3分

 

ミルコには昨年の有馬2着の感覚があったから、ジャパンCでは思い切って下げて勝負したのではないのか。
昨年のレースを見て、そう確信した。

キタサンブラックの鞍上は横山典弘。
競馬が上手な馬を任されれば、99%の確率で、大舞台で力を出し切れる乗り方をしてくる。
好位付けをできる馬の逃げ方は悩みどころだったかもしれないが、ゴールドアクターに機先を制される格好で最初の100Mくらいのコーナーに入る前の段階でのリードは、外に入ったリアファルのルメール騎手にも、出来れば行ってほしい気持ちを持たせるような、実に絶妙なかましとなった。

これにより、ペース判断云々の前に、他が行かなくなったことで、逃げには固執しないキタサンブラックでも楽に先行できたのだ。
この時、サウンズオブアースは絶好のスタートから、理想的な好位のインに取り付き、結果ほとんどが残る先行勢の中で、ゴールドアクターと同じくらいの好ポジションをとることに成功している。

しかし、このレースが引退の舞台となったゴールドシップが、スローであればまだ捲れるという力があったので、3角手前で一気に押し上げてきたときに、サウンズオブアースは少し順位を下げたのである。
ここで機を見て少し押し上げたマリアライトも、結果的には、サウンズには邪魔な存在となった。

直線に入り、キタサンは当然残り、謎の失速とされたリアファルを除き、理想的な仕掛けで抜け出しを図るゴールドアクターをまた追いかけるところまではよかったサウンズオブアースは、勝ち馬が絶妙だった分、少し乗り遅れる形でのスパートで、競り落とすところまでは至らなかった。

様々、この馬の敗因について考えてきたのだが、詰まる所、使える脚が短いのではないだろうか。
勝負所でうまく動けると終いが甘くなり、このように周りにわっと来られると窮屈になるのだが、結局いつでも動ける状態にしておけば、脚はすぐに使えるのだ。
器用貧乏の典型で、いかにも、グランプリ向きの才能。
しかし、千載一遇のチャンスを逃し、今年も2着が2回。
案外、広い馬場を伸び伸び走らせてあげた方がいいタイプのように思うが、今年はどうだろうか。

 

コラム

キレないディープの時代

読了までの目安時間:約 3分

 

エイシンヒカリ
サトノダイヤモンド
ミッキーアイル
正攻法で戦い、バテない強みを活かせればかなり渋といタイプ。

リアルスティール
ディーマジェスティ
マリアライト
末脚勝負は歓迎で、距離も不問。

ディープインパクトがどこまで繁殖活動を行えるかは不明だが、より明確に芝寄りのスタンスを見出したディープは、かなり意識的に芝向きの繁殖牝馬を選定され、交配されてきた流れがある。
父サンデーサイレンスの経験則から、より効率的な生産を行うことができた。
同時に、新たな可能性を近年の救済の土地であるドイツや南米に求め、スピード型の多いアルゼンチンから輸入した繁殖牝馬からは、今年の牡馬クラシックを牽引したマカヒキ、サトノダイヤモンドが登場したのである。

ミッキーアイルが来年こそスプリントGⅠをゲットする可能性を残す状況にありながら、実は狙いの中になくても、本当はいつでも勝てる長距離GⅠで結果を出せていなかったことは心残りだっただろう生産者側の懸念は、マカヒキとほとんど同じような血統背景を持つサトノダイヤモンドによって、あっさりを払拭されてしまった。
時計が平凡な年ほど、実は、全体的にスピードの傾倒が見られる状況では、キタサンブラックのように、どんどんビッグタイトルを積み重ねる馬を正確な適性判断で以って、審査できるのだ。

セイウンスカイの時代では3:03.3は、目ん玉が飛び出るほどの時計になったのだろうが、今は2秒台後半なら基準の範囲内である。
サトノダイヤモンドは、スピード型の血統から誕生した中長距離型。
標準レベルのスピードはあっても、自在に動ける馬ほど、今はミドルディスタンスでは器用貧乏になってしまう。
キレない馬には、長い距離の必然的な我慢比べが合う。
それを生むのは、直系の本質的なダート適性や、ヘイローのしつこいクロスだとは思うのだが、この馬に関しては、スタミナという面で他のディープ産駒よりも本質的に、その量が多いのだろう。

キタサンブラックとは、父が似て非なる部分が大いにある。
同じ道を進むには、まずは自分で時計を出す底力を身に着けるだけの成長力が必要となる。

 

コラム