血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

繋がる有馬とは

読了までの目安時間:約 2分

 

ここを勝って、翌年GⅠを2勝以上した馬は、ここ30年で1頭たりとも存在しない。
テイエムオペラオーを筆頭に、春に1勝するのが関の山。

2着馬はどうか。
2015年までの20年で、GⅠ勝利の馬は、
マーベラスサンデー<96>
メイショウドトウ
タップダンスシチー
ディープインパクト<05>
ダイワスカーレット
ブエナビスタ<09、10>
エイシンフラッシュ
その昔は、テンポイントやビワハヤヒデなどの大物もいる。

結局、2着でも似たような傾向なのだが、比較的若い馬が多いからか、秋以降に活躍する馬も最近増えているという話だ。
3歳の身で敗れた2頭は、翌年に4勝、2勝。
3歳で勝った馬では、オグリキャップ、マヤノトップガン、オルフェーヴル、ゴールドシップなどが、年1度ペースで勝ち星を重ねていったケースがある。

要するに、若い馬に未来があるということ。
4歳以上で翌春もGⅠを制していた馬は、アンバーシャダイとその前に強かったスピードシンボリと、ディープ斬りのハーツクライ。
超中山リピーターのスピードシンボリとその孫シンボリルドルフは、単に中山が得意だったという理由に尽きる。
中山だと堅い馬というのは、今はハンディキャップホースくらいしかいない。
この手の馬がこの先出てくるかは、ちょっとわからない。

今回に関しては、とりあえず3歳の最有力馬が結果を出したので、理想的な展望を臨める。
秋は凱旋門賞という流れを作ったサトノダイヤモンドにとって、この結果が持つ意味は極めて重大であり、希望にあふれるものとなった。
唯一、宝塚の勝利を絶対条件にしないことが望ましいわけだが。

 

コラム

ダート路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

中央も地方も、4歳馬が活躍するか、実績上位の6歳以上の古豪が力を見せるかのどちらかになった今期ダートのGⅠ戦線。
・川崎記念 ホッコータルマエ<7歳>
・フェブラリーS モーニン(4歳)
・かしわ記念・帝王賞・南部杯 コパノリッキー<6歳>
JBC川崎
・LC ホワイトフーガ(4歳)
・スプリント ダノンレジェンド<6歳>
・クラシック アウォーディー<6歳>
・チャンピオンズC サウンドトゥルー<6歳>
・東京大賞典 アポロケンタッキー(4歳)

当然、圧勝であったジャパンDDのキョウエイギアや全日本2歳優駿楽勝の牝馬・リエノテソーロなどにも触れないといけないのだが、如何せん、対決構図が明白で、且つ、互角に戦えているレース展開からも、今後の王道を支えるのは今年の4歳世代であり、それをどこまでいじめられるのかという楽しみが、まだ元気な6歳世代には残っているし、これが肝なのは間違いない。

棲み分けくっきり、得意ゾーンの中でのリーグ戦となった春とは異なり、秋の3か月間の戦いは実に濃密なものがあった。
中央の武蔵野Sと前述したGⅠ3連勝を決めたコパノリッキーの南部杯など、異常に速い時計を6歳馬が叩き出したかと思えば、時計を少し要した川崎のGⅠ3戦以降の戦いでは、勝ち馬それぞれの持ち味が引き出されたレースになり、大いに盛り上がった。

唯一、東京大賞典は古馬陣のさすがの連戦による疲労が若干見られ、伏兵の台頭を許すこととなったが、初GⅠ参戦であったチャンピオンズCで自分の競馬ができなかった割に5着と頑張ったアポロケンタッキーが、内田騎手の闘魂注入に応え、快走を見せたのだから痛快だ。

ホッコータルマエ以外は来年も現役。
益々の活躍は期待される4歳勢が、5歳になって、新3、4歳世代をどういたぶっていくのか。
既に桁違いの大物がちらほら顔を覗かせいる中、ここに挙がらなかったノンコノユメの復活も、重要なカギを握っているのではないだろうか。

武蔵野S快勝のタガノトネールの事故死は残念であった。
この馬に田辺騎手が乗って、今度は自分がコパノリッキーに一泡吹かせられたかもしれないのに…。
合掌。

 

コラム

新王者誕生

読了までの目安時間:約 2分

 

6歳馬のワンツーでフェブラリーSとは一転、元の木阿弥と化したチャンピンズCを経て、29日夕刻、第62回東京大賞典は行われた。
6歳トップスリーに人気は集中したが、望外の超スローをコパノリッキーが作った影響で、ノンコノユメもサウンドトゥルーでさえ好位につける競馬となり、無理のない位置での競馬できた人気の中心・アウォーディーとチャンピオンズC5着の一騎打ちは、外からゆったりスパートした内田博幸騎手騎乗のアポロケンタッキーに凱歌が上がり、今年の交流GⅠは上り調子の4歳の初GⅠ制覇で締められた。

アポロケンタッキーは、ダンチヒ系のスピード競馬向きの性質が遺憾なく発揮できるだろう560kgを超える巨体が売り物で、休み明けのシリウスSがハイレベル決着となったものの、3着と善戦し、その後にみやこSを優勝。
父ラングフールはもっと短いところに向く馬だったが、何の因果か、この馬はタフさが持続力に出るダートの中距離型として、大成を遂げた。

こういうゴツイ馬には、いかにもウチパクさんが合う。
強引に行って、たとえ差されても仕方ない。
ごくごく自然な位置取りではあったが、大野騎手がスローを察知して位置を取りに行ったくらいだから、他の騎手では気後れして、この結果は望めなかったのかもしれない。

重馬場ながら、勝ち時計は2:05.8。
厳しい言い方をすれば、内田騎手は本領発揮となったが、では戸崎騎手の方はというと…。
勝負所で被されるとまだ脆さがあるアウォーディーは、キャリアからこれは仕方ないし、サウンドトゥルーに交わされなかったのは収穫。
後方勢のモズライジン、カゼノコに出番はなかった。

 

ニュース

短距離路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

ちょくちょく顔を出す香港組は、今年の日本競馬ではモレイラが目立ったくらいで、実質、香港ベストホースのモーリスも、得意のマイルでは輝かず、暮れに話題を独占した現役時のフランケルと同じように、最後は2000Mでモノの違いを見せつけた。

おかげで、春はてんやわんや。
直前に有力馬2頭回避の高松宮記念は、謎の超高速化した芝の影響で超絶レコードが頻発の日に行われた。
時計の更新に有限がある短距離戦とはいえ、ロードカナロアが秋の中山とは1秒以上も遅く走る舞台で、未完の才能・ビッグアーサーは1:06.7で走ったのだ。

そのビッグアーサーは、スピード馬としての才覚を確認するような秋前哨戦の逃げで、何か歯車が狂ってしまったように大敗を続け…。
ミッキーアイルが2着、2着とスプリントで惜敗しているうちに、路線の困ったチャンと化したロゴタイプが、スローの暴力を振るって、アジアのGⅠタイトルホルダーを一蹴した。
これが逃げ切り。

ビッグアーサーが揉まれているとき、ミッキーは逃げたが、今度は中京で芝の走り方を完全マスターしたレッドファルクスが、中山でもキレた。
やられたというより、俺でいいの?という結果。
今年のこの路線を振り返った時に、一番最後に思い出す馬になってしまった。
ミッキーは、直線も紆余曲折のあった京都で2年半ぶりのGⅠ制覇。
内回りながら、モーリスと共に、伝説の京都超高速コンビを結成して以来、モーリスが本格化したこの時期に復活というのも乙か。

ミッキーアイルが阪神Cで突かれているとき、マイルGⅠ前哨戦コンプリートをなしたサトノアラジンが、香港の大敗で負ったこことの傷を癒していた。
最初は父と同じように…。
キンシャサノキセキを追いかけるように、目の前のフジキセキを差し切ったシュウジには、ミッキーアイルのような武器は持てなくても、脚質転換の完成形を暮れに示せた意義はある。
あとは、未来にどう花を咲かせるか。

来年もまた、課題を抱えた才能とGⅠの壁との戦いが、ファンの頭を悩ませる。
ミッキーアイルがトンネルに再突入したとも思えず、基本の構図は今年と変わらないのだろうが。

 

コラム

古馬王道路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

キタサンブラックが中心であったことは、有馬記念まで見れば明らかだが、要するにこの馬とこのカップリングが、勝負の中身を左右したように思う。
強い馬がいれば、それに負ける。
目標が違ったとはいえ、モーリスとの対戦がなかったことは、残念である。

そのモーリスは、東京より香港、それよりもしかすると京都が合っていたという可能性を秋に示した。
キレる馬ではなく、スピード能力が豊かなミドルディスタンスホースであることが、秋天の直線で再度証明された。

それではキタサンが敵うわけがない。
血統のコンセプトと適性がまるで裏返しの彼らは、今年は戦法もより研ぎ澄まされていった。
ペースを見て、馬の能力を出し切る策を見出す武豊騎手にとって、キタサンブラックのような毎度スタートが安定している馬は、実に走らせやすいパートナーである。
危ないシーンはあったが、春天は逃げ切り。
同じ逃げでも、一番楽をしたい1角過ぎで急かされたことから、今までにない速い逃げに打って出た宝塚は、ドゥラメンテに負けるどころか前年有馬で並んでゴールしたマリアライトにも先着を許す形に。

速く行ってはダメ。
全ての面で敗因しか思い浮かばなかった秋天回避は、当然の判断だ。
負けられないJC。
スタート後、リズムに乗せてあげるところまでが騎手の仕事ではあったが、その後は単純に、今の充実を示すスマートでかつ力強い逃げとなった。
生涯最高のレース。
そんな後の有馬が、またベストという馬はまずいない。
どちらかが95点以下になる。
サトノ同盟に屈したゴール前。いつもよりシャープに映した体つきが、際どい勝負に持ち込めた理由ならば、その成長力は天井知らずということか。
自分が齢を重ねれば、若いライバルはもっと強くなる。今度は、あの宝塚のような逃げで、他を圧倒したい。

有馬記念が終わって、暫し芝の競馬はお休みとなったわけだが、3歳サトノダイヤモンドに有馬を勝たれてしまって、横一線の年度代表馬投票は、昨年以上の悩める選択に、記者も本音は大喜びであろう。
有馬に価値がある年は、競馬は面白いのである。

 

コラム

1 2 3 8