ラインベック、ヤマニンエルモサほか

JUST競馬予想ブログ

ラインベック、エレナアヴァンティ他 新馬回顧<6/29・30>

読了までの目安時間:約 3分

 

今週から夏のローカル開催が本格スタート。

大いに雨に泣かされると思いきや、予報より大分小降りだった影響で、どこも極端な馬場悪化はなかった土曜日。

4鞍の新馬戦は、人気馬の活躍が目立った。

中京マイルは稍重馬場。が、スタートの良かった人気勢が全て、現状の力を出したことで、ディープ×アパパネのラインベックが完成度の差を見せつける、中身ある勝利を挙げた。

特に説明の必要はないが、距離がどんどん長くなるのはよくない。

福島の短距離のふた鞍も、馬場悪化とまではいかなかったので、平穏な決着。

芝1200のアドマイヤムーン牝駒・エレナアヴァンティが、タフな展開も好位抜け出しで押し切り。

ダート1150の中心馬・ヴァンドゥメールも、マジェスティックウォリアーだから、真っ向からの押し切り。

どちらも着差以上に中身が濃かった印象。

函1200も逃げ切り。

武豊騎手のスマートカーリーが、スプリント戦らしい粘り込み方で初陣を飾った。

鞍上には因縁深いエピファネイアの女馬。

日曜日はまあ、ご覧の通りという馬場状態。

レース中の雨量も多く、その時点の含水率はあまり重要ではないという雰囲気だった。

よって、まともな決着は少なかった。

函1200

イーサンディラノ 逃げ切り ローレルゲレイロ

中1400

ゼンノジャスタ 先行押し切り ジャスタウェイ

福1200

ゴッドスター 大外一気 アサクサキングス

それぞれ、タフな馬場の日本のビッグレースで好走歴のある馬の産駒であり、当然の好走結果というところか。

各々の母父は、ブラックホーク、ベルトリーニ、レモンドロップキッド。軽い馬場ではなかったのは、彼らにはメリットだろう。

本州2場ではマイル以上のレースも組まれたが、中京1600の牝馬戦はエピファネイアのヤマニンエルモサ、福1800はダイワメジャー産駒でウォーアクティクスの下・コンドゥクシオンという血統背景を活かした、タフな先行力での押し切りだったので、より馬場の影響が大きかった印象。

人気馬の評価は、下げる必要はない。

特に、福島のドーベルの孫娘・ルトロヴァイユは、吉田豊騎手だったから、無理をさせなかった感じだった。

中京の福永騎手も同様。



* * * * *
  
【特集】誰でも再現できる、300倍~1000倍以上の配当をGETする方法とは?


競馬指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍以上の配当を狙い撃つ『裏ワザ』を考えてみた。

※2019年6月の3連単的中例より
06/29 中京03R  63,010円 的中
06/29 福島12R 124,470円 的中
06/29 函館01R  47,670円 的中
06/23 阪神05R  82,270円 的中
06/23 東京08R 440,140円 的中
06/22 東京01R  40,950円 的中
06/02 阪神12R 103,850円 的中
 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方