新馬戦<7/20・21>トランシルヴァニア、グライユルほか

競馬予想ブログ JUST

新馬戦<7/20・21>トランシルヴァニア、グライユルほか

読了までの目安時間:約 3分

 

4週目となると、流石に馬場が荒れて、外差し傾向になってきた。

土曜の本州の4レースは、いかにも荒れ馬場向きの馬が勝ち上がった。

中京は重馬場。

外から追い込んだマイル戦の勝ち馬であるマイネルグリットは、スクリーンヒーローが父。

母は函館2歳S1番人気2着のマイネショコラーデ。完成しているとは断言できないが、早い時期の競馬では崩れないタイプだったか。

1400のペールエールは、ダイワメジャー×セルカーク×リナミックス。まあ、中京なので負けることはなかっただろう。

福島は昼休みの頃から降った雨で稍重に悪化。

そのせいか、個性派と思われる暴れん坊が勝ち上がった。

1800はオルフェーヴルのトランシルヴァニア。明らかに手応えの問題ではなく、気性の問題で押せ押せだったが、外へ出してからはパワフルな伸び。それでも真面目に走っていない。

スタートでやらかした1200のグライユルは、エピファネイア×ディープで牝馬。

途中から進出して4角で抜け出すも、のめりながらの危なっかしい走りでの勝ち上がり。

雨馬場は良かっただろうが、荒れているのは不得手というのもある。

馬場の悪化が若干見受けられた日曜日は、函館でも1800戦が行われた。

人気のニューアプローチ産駒・ダーリントンホールが好位抜け出しで快勝。62秒台の5F通過から、残りを47秒中盤で乗り切ったので、時計の価値もある程度評価できる。本気では走っていなかった。

中京の稍重・2000M戦は、エピファネイア産駒のロールオブサンダーが力で押し切った。

人気のグルーヴィットの半弟は、晩成のパロクサイド系で中型の牡馬。時計が掛かるのは良くても、荒れた渋馬場はまだこなせなかった。

福島では名物のダート1150M戦が行われて、曲者っぷりを一切見せず、オヌシナニモノが圧勝。

カレンブラックヒルの仔で、本質的にはダートの方が合うタイプだろうから、まずは時計をしっかり更新していきたい。

その後に根本厩舎の2騎手がいい仕事をして穴快走を決めたが、スタート含め、内容的は菜七子騎手の方が中身は濃かった。



* * * * *
  
無料公開の指数データを活用、買目とレースを絞り込むだけで回収率は想像を超える

08/10 札幌6R 買目26点で3連単 53,050円的中
08/03 小倉3R 買目34点で3連単 93,900円的中

競馬に詳しくなくてもカンタンな方法で上記の馬券を的中。その手順を、当サイト特集ページで掲載中です。
 ↓ ↓
指数で最大プラス回収率を狙う購入法

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方