キャンディフロス、ヴィ―スバーデンほか

競馬予想ブログ JUST

キャンディフロス、ヴィ―スバーデンほか新馬回顧<9/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

結局、また雨が降らなかった土曜競馬。

芝3鞍の新馬の番組だったので、力関係ははっきり出た。

午前中の2鞍からは、強い馬が登場。

中1200のマガロ系・キャンディフロスは、理想的な外からの番手抜け出して。軽い競馬よりタフな流れが良さそうなボールドルーラーだろう。

阪1800はなかなかのメンツの中から、伏兵評価だったディープ牝駒・ヴィ―スバーデンが、同厩舎のレジェンドであるウオッカを彷彿とさせる内から外へ出しての豪快な伸び脚で、初陣を飾った。

母は完全体に近いドイツ血脈であり、ほとんどドイツの馬と考えると、デインドリーム化の期待が膨らむ。

母父は父とアークで競ったシロッコである。

問題は中1600<牝>で逃げ切りを決めたカインドリー。

やけに仕上がり早をアピールするキズナの仔で、兄はエポカドーロ。

別にどうこう言うべきはないだろうが、明らかに人気馬がヘグった印象で、血統のイメージ通りはその引きの強さだけと見たい。

湿っぽいだけだった日曜日は、ダート戦からいい馬が登場。

中1200は人気のヘニーヒューズ×ロフティーエイムの牝馬・ロフティーピークが、唯一の関西馬らしい競馬で圧勝。1:12.7は、時計が出やすい状況でも優秀。

阪1800のショウナンナデシコも牝馬。オルフェ×Dメジャーらしい豪快な早仕掛けからの圧勝劇。

見た目以上にインパクトがあったというより、血の交錯の激しさがそのまま、レースぶりに反映されたようなところがある。

問題は芝の組。

阪マイルで穴をあけたキレキレのインザムードはアーモンドアイの甥にあたるノヴェリスト。

中1800のポタジェは、ルージュバックの半弟にあたる高馬。

どちらもかなり気性面に難がありそう。真っ直ぐ走るかどうかも分からないし、なかなか不可解な敗戦を重ねそうなタイプに見えた。

巧者のポタジェに関しては、明らかに、レースプラン通りではない二段仕掛けのところがあって、小柄な割にキレない危険性を秘める。

中山でこれがハマったからこそ、何だか怖い。

どちらも相手に恵まれたと言われないように、精進せねばならない。



* * * * *

当ブログ(馬券名人養成プログラム)考案!
誰でも簡単に、買目40点前後で【10万馬券】を的中させる方法

無料で利用できる実力No.1の競馬指数を「裏ワザ的」に使い、誰でも同じように、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。以下は2020年の主な的中例。

03/14 中京08R 110,900円
03/01 中京11R 120,410円
02/22 小倉11R 138,520円
02/22 小倉02R 242,310円
02/15 小倉04R 128,390円
02/09 京都10R 235,550円
01/25 中山11R 128,750円
01/13 京都11R 176,940円
01/12 京都11R 103,880円
01/06 京都07R 117,580円
 ↓ ↓
10万馬券の取り方 解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

競馬予想会社の正しい探し方